5曲、42分

スタッフメモ

ECM Recordsから2016年にリリースされた「The Declaration of Musical Independence」に続き、ベテランドラマー、アンドリュー・シリルと、ギタリストのビル・フリゼールが再び共演。今回は、前作のエレクトロニクスによるカルテットでなく、フリゼールにとって初めてとなる前衛ジャズ界を代表するトランペッター、ワダダ・レオ・スミスを加えたトリオで録音。アルバムタイトル曲"Lebroba"は、ミシシッピ州Leland、Brooklyn、Baltimoreと、メンバー3人の出生地名を繋げたブルージーなナンバー。アリス・コルトレーンに捧げたスミスのオリジナル曲の壮大でゆったりした演奏の他、フリゼールのアルバム「Beautiful Dreamers」にも収録された"Worried Woman"では、浮遊するリズムの中、張り詰めた緊張感に満たされる。そして、シリルの"Pretty Beauty"に漂う幻想的なムードでアルバムは幕を閉じる。

スタッフメモ

ECM Recordsから2016年にリリースされた「The Declaration of Musical Independence」に続き、ベテランドラマー、アンドリュー・シリルと、ギタリストのビル・フリゼールが再び共演。今回は、前作のエレクトロニクスによるカルテットでなく、フリゼールにとって初めてとなる前衛ジャズ界を代表するトランペッター、ワダダ・レオ・スミスを加えたトリオで録音。アルバムタイトル曲"Lebroba"は、ミシシッピ州Leland、Brooklyn、Baltimoreと、メンバー3人の出生地名を繋げたブルージーなナンバー。アリス・コルトレーンに捧げたスミスのオリジナル曲の壮大でゆったりした演奏の他、フリゼールのアルバム「Beautiful Dreamers」にも収録された"Worried Woman"では、浮遊するリズムの中、張り詰めた緊張感に満たされる。そして、シリルの"Pretty Beauty"に漂う幻想的なムードでアルバムは幕を閉じる。

タイトル 時間

アンドリュー・シリル その他の作品