12曲、51分

iTunes スタッフメモ

ベルリンのクラブ・ジャズ・ユニットが名門 Verve よりメジャー・リリース。ラテン、ブラジル、アフロ、ソウル、ヒップホップ、ブロークンビーツと、様々な要素を折衷したスタイリッシュなクロスオーヴァー・サウンドで、クラブ系リスナーから大きな支持を得てきた彼等だが、本作は全てがヴォーカル曲となるアーバンなフォーキー・ソウル集とも言える作品。前途の音楽要素を踏まえ、モータウン、スタックス、アトランティックなど60〜70年代のソウルを現代風にアレンジしたような息遣いを感じさせ、リラックス・ムードが全体を漂う。甘いヴォーカルとコーラスがそよぐ冒頭曲や、懐かしいサザン・ソウルのフィーリングが蘇る "Let Me Show Ya" 、ジャイルズ・ピーターソンのレーベルからデビューして以来、引っ張りだこの Ben Westbeech の豊かな歌声がもはやヴィーンテージな味わいを持つ "I Can See" に、メロウ・ソウルの巨匠 Leon Ware のナンバーを本人と Dwele をフィーチャーしてリメイクした "Rockin' your Eternally" と、どの曲も贅沢な仕上がり。 Azymuth と合体したブラジリアン調や、奥深いモダン・ジャズまで、ラウンジ・スタイル追求したかのような普遍のヴォーカル・アルバムで且つどんなシチュエーションにも対応する全天候型な柔軟性に富んだ一枚。

iTunes スタッフメモ

ベルリンのクラブ・ジャズ・ユニットが名門 Verve よりメジャー・リリース。ラテン、ブラジル、アフロ、ソウル、ヒップホップ、ブロークンビーツと、様々な要素を折衷したスタイリッシュなクロスオーヴァー・サウンドで、クラブ系リスナーから大きな支持を得てきた彼等だが、本作は全てがヴォーカル曲となるアーバンなフォーキー・ソウル集とも言える作品。前途の音楽要素を踏まえ、モータウン、スタックス、アトランティックなど60〜70年代のソウルを現代風にアレンジしたような息遣いを感じさせ、リラックス・ムードが全体を漂う。甘いヴォーカルとコーラスがそよぐ冒頭曲や、懐かしいサザン・ソウルのフィーリングが蘇る "Let Me Show Ya" 、ジャイルズ・ピーターソンのレーベルからデビューして以来、引っ張りだこの Ben Westbeech の豊かな歌声がもはやヴィーンテージな味わいを持つ "I Can See" に、メロウ・ソウルの巨匠 Leon Ware のナンバーを本人と Dwele をフィーチャーしてリメイクした "Rockin' your Eternally" と、どの曲も贅沢な仕上がり。 Azymuth と合体したブラジリアン調や、奥深いモダン・ジャズまで、ラウンジ・スタイル追求したかのような普遍のヴォーカル・アルバムで且つどんなシチュエーションにも対応する全天候型な柔軟性に富んだ一枚。

タイトル 時間
3:01
6:26
3:30
4:29
6:05
4:42
4:11
4:46
3:33
2:38
4:09
4:14

ジャザノヴァのトップソング

ジャザノヴァのトップアルバム

リスナーはこちらも再生しています