12曲、44分

iTunesスタッフメモ

佐野元春 & ザ・コヨーテバンド名義による4作目のアルバム。シビアな現実をリアリズムの視点で描いた前作「BLOOD MOON」とは作風が異なり、ニューソウルやフォークロックを軸とした軽やかなサウンドで、愛の本質に迫る。若き都市生活者の憂いや嘆きをつづる歌は依然として厳しい現実を映しているが、詩情豊かな言葉によって、希望や再生のイメージを描いていく。その歌はやさしく気高く、若者たちの生きる道を照らし出す。

iTunesスタッフメモ

佐野元春 & ザ・コヨーテバンド名義による4作目のアルバム。シビアな現実をリアリズムの視点で描いた前作「BLOOD MOON」とは作風が異なり、ニューソウルやフォークロックを軸とした軽やかなサウンドで、愛の本質に迫る。若き都市生活者の憂いや嘆きをつづる歌は依然として厳しい現実を映しているが、詩情豊かな言葉によって、希望や再生のイメージを描いていく。その歌はやさしく気高く、若者たちの生きる道を照らし出す。

タイトル 時間

佐野元春 その他の作品

アルバム

ビデオ