11曲、41分

スタッフメモ

前作「Sensuous」から約11年ぶりとなる本作は、アニメーションのサウンドトラック制作や高橋幸宏らとのバンド METAFIVE の活動を経たこともあり、これまでとは作風が一新。ストレートな歌モノが多く収録された、タイトル通りのメロウなアルバムとなった。salyu × salyu でもタッグを組み、"あなたがいるなら" などに詞を提供した坂本慎太郎とのコンビネーションも、本作の色を生み出した要因の一つといえそうだ。前2作における特徴となっていたDAW上での編集が控えめな印象となったことも含め、より生々しい演奏が際立つ作品に。グリッドに沿わないアンコントローラブルな部分も含め Cornelius の新機軸が垣間見られるアルバムとなっている。

スタッフメモ

前作「Sensuous」から約11年ぶりとなる本作は、アニメーションのサウンドトラック制作や高橋幸宏らとのバンド METAFIVE の活動を経たこともあり、これまでとは作風が一新。ストレートな歌モノが多く収録された、タイトル通りのメロウなアルバムとなった。salyu × salyu でもタッグを組み、"あなたがいるなら" などに詞を提供した坂本慎太郎とのコンビネーションも、本作の色を生み出した要因の一つといえそうだ。前2作における特徴となっていたDAW上での編集が控えめな印象となったことも含め、より生々しい演奏が際立つ作品に。グリッドに沿わないアンコントローラブルな部分も含め Cornelius の新機軸が垣間見られるアルバムとなっている。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.7/5
28件の評価
28件の評価
lordlh

もうね、

だれが「小山田はメロディを書けない」なんて言ったんだ?
あぁ、確かに「ヒット曲風」な「カラオケ屋で歌えるような」メロディは苦手かもしれない。
しかし、どうだ、これ。
素晴らしくメロディアスな曲じゃないか。
泣きそうになったよ。つか泣いた。

だー0606

何度も聴いてしまう

長いキャリアの中でも、今作のように小山田氏自身の感情がたちあらわれた作品は初めてであるように思う。
全体に力なく、mellowというより現実逃避的で虚ろな世界観が漂う一方、サウンド面は鳥肌が立つほど鋭く研ぎ澄まされており、そのギャップがとても魅力的。
改めてその凄まじい才能に感服しました。

Daaaai

好きな曲

今までは答えられなかった。コーネリアスで何の曲が好き?と聞かれても。
今は答えられる。「あなたがいるなら」だよって。

Cornelius その他の作品