10曲、51分

タイトル 時間
5:15
4:14
5:51
3:21
4:45
2:20
5:56
5:29
5:00
9:42

カスタマーレビュー

4.8/5

44件の評価

44件の評価

これからのロック基準 名盤です。

浜人

DEAD END 活動再開! 特典CDも予約しましたが、少しでも速く聞きたくてiTuneからダウンロードしました。

「Dead Line」時の初期の作品を彷彿させる「Devil Sleep」&「Guillotine」。
最初はHeavyでうるさく思えたが、聞き込むと歌の表現力やギターソロが素晴らしく、毛嫌いしないで聞いて欲しい。

「Dress Burning」&「擬似ヴィーナス~Princess」は既に彼らの代表曲と言えるだろう。
ミディアムテンポの「テレパシー」&「神猿」&「Kill Me Baby」は、彼ららしい心地よい楽曲である。

「摩天楼ゲーム」は、徐々に盛り上がっていく展開と、待っていました!と言いたくなる足立氏のギターソロ。
彼らの1曲目はいつも見事な出来である。
「冥合」は、じっくり聞くことでアルバムの後味を堪能できる。まさに DEAD ENDらしい終わり方である。

10回程聞きましたが、捨て曲なし。 聞けば聞くほど病みつきになるアルバムです。

ZEROの進化形にあらず

まっしもくりっぱ

誰だ!今のMINATOのスタイルじゃDEAD ENDはできねーとか言ったやつ!!
オプティカル8のときよりも凶暴になってるよ!
すごいよ4曲目!!

裏切らない再結成。

D.O.D

まず最初に。
「DEAD END」で検索掛けないとMETAMORPHOSISが引っかからない相変わらずの仕事は何とかならないモノか。
「Dead End」で旧譜とシングルBLUE VICESという2通りって何の意味があるのさ。

本作は正直、予想以上だった。
再結成すると今が前面に出るが昔は欠片もない事が多く何となく寂しいんだが。
MORRIEのスタイルは変わらず聴く者を引きつける。YOUちゃんの流れる様なギターもC.C.JOEの弾くリズムに
MINATOの正確無比なドラミング。1+1+1+1が無限なのだ。
PrincessとDress Burningがまず出てくるだろうが、Devil Sleepの様な20年という時を縮める曲もお忘れ無く。

やはり墓標に名前は要らなかった。

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも購入しています