8曲、55分

タイトル 時間
8:55
8:07
5:11
4:58
8:13
7:45
5:43
6:48

カスタマーレビュー

少年時代の思い出の曲

福次郎,

中学時代の多感な時期、倉敷の音楽図書館(当時は当然レコード)でこの局に没入し天才の感性に触れていたころがとても懐かしく、なけなしのお小遣いで岡山の禁酒会館の一階にあったクラシック専門店で求めたのがこのグラモフォンのべームでした。ベームさんの演奏はカラヤンと比べておっとりとした曲想で、何やら私の感性にあって一生の宝物になっています。(余談ですがベームさんは大の日本贔屓だったそうです。)まさかこの名盤がダウンロードで聞けるなんて,,, 人生の煌きと疾風怒濤、悲しみと歓喜、めまいにも似た不安感、モーツァルトは形式的だと笑う人もいますが、その形式を突き破って聞きぬいたところに豊かなイマジネーションの世界が広がっているということをこの曲は教えてくれました。大好きな曲です。

トップソング

アルバム

リスナーはこちらも購入しています