4曲、40分

スタッフメモ

名演"My Favorite Things"を収録し、自身のレギュラーグループの船出となった記念すべき1枚。1960年、マイルス・デイヴィスのグループを卒業したジョン・コルトレーンは、自身のサウンドを追求すべくレギュラーグループの結成に着手。マッコイ・タイナー (P)、スティーヴ・デイヴィス (B)、エルヴィン・ジョーンズ (Dr) の布陣で、同年10月にアルバム約3枚分にも及ぶ楽曲を録音し、最初に発表されたのが本作だ。初めて自身のグループを率いて、ミュージカルのヒット曲をモードジャズの名曲に変貌させたタイトル曲や、ジャズスタンダードとしておなじみの"Summertime"など、聴き慣れた楽曲を想像と自由を膨らませて表現している。また、このセッションから初めて本格的にソプラノサックスを使用するなど、そのみずみずしい演奏からは、彼の並々ならぬ意気込みを時代を超えて感じることができる。

スタッフメモ

名演"My Favorite Things"を収録し、自身のレギュラーグループの船出となった記念すべき1枚。1960年、マイルス・デイヴィスのグループを卒業したジョン・コルトレーンは、自身のサウンドを追求すべくレギュラーグループの結成に着手。マッコイ・タイナー (P)、スティーヴ・デイヴィス (B)、エルヴィン・ジョーンズ (Dr) の布陣で、同年10月にアルバム約3枚分にも及ぶ楽曲を録音し、最初に発表されたのが本作だ。初めて自身のグループを率いて、ミュージカルのヒット曲をモードジャズの名曲に変貌させたタイトル曲や、ジャズスタンダードとしておなじみの"Summertime"など、聴き慣れた楽曲を想像と自由を膨らませて表現している。また、このセッションから初めて本格的にソプラノサックスを使用するなど、そのみずみずしい演奏からは、彼の並々ならぬ意気込みを時代を超えて感じることができる。

タイトル 時間

ジョン・コルトレーン その他の作品

他のおすすめ