10曲、39分

iTunesスタッフメモ

2005年のデビュー以来、ブルージーな感慨を抱かせるパワフルなラップを武器に日本を代表するラッパーとして活躍してきた ANARCHY が2014年に初めてメジャーから発表したアルバムであり、インディー時代の作品や前年にフリーで公開した作品を含めると5作目のアルバムとなる。HABANERO POSSE プロデュースの "Shake Dat Ass" や VERBAL が参加した "VVVIP" のようなフロア対応のパーティーチューンで享楽的に盛り上げ、日本の社会の問題に言及した BACHLOGIC プロデュースの "Spiral" では大人としての成熟を見せる。一方で、"Right Here" や KOHH と共演した "Moon Child" では自分自身の生い立ちや生活をエモーショナルに力強く歌う。サウンド面でもラップのテーマの面でもそれまでのキャリアの中で最も多彩な内容で、決して揺らぐことのない芯の強さを見せつけながらパワーアップした ANARCHY が楽しめる力作だ。

iTunesスタッフメモ

2005年のデビュー以来、ブルージーな感慨を抱かせるパワフルなラップを武器に日本を代表するラッパーとして活躍してきた ANARCHY が2014年に初めてメジャーから発表したアルバムであり、インディー時代の作品や前年にフリーで公開した作品を含めると5作目のアルバムとなる。HABANERO POSSE プロデュースの "Shake Dat Ass" や VERBAL が参加した "VVVIP" のようなフロア対応のパーティーチューンで享楽的に盛り上げ、日本の社会の問題に言及した BACHLOGIC プロデュースの "Spiral" では大人としての成熟を見せる。一方で、"Right Here" や KOHH と共演した "Moon Child" では自分自身の生い立ちや生活をエモーショナルに力強く歌う。サウンド面でもラップのテーマの面でもそれまでのキャリアの中で最も多彩な内容で、決して揺らぐことのない芯の強さを見せつけながらパワーアップした ANARCHY が楽しめる力作だ。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています