10曲、40分

iTunesスタッフメモ

ニューヨーク·ブルックリン出身のアンドリュー·ヴァンウィンガーデンとベン·ゴールドワッサーを中心に結成されたMGMTが、2007年に発表したデビューアルバム。デジタルで先行リリースされ、翌年にフィジカルが販売された本作は、リスニング環境の転換期であった2000年代半ばの時代性を象徴する作品であり、音楽性においても、ときのドリームポップ、エレクトロサイケのムーブメントをけん引した作品として評価されている。音響設計に定評があるデイヴ·フリッドマンをプロデューサーに迎え、奥行きの深い空間の中でとろけるトリッピーなサイケデリックサウンドを展開。奇妙なシンセサイザーの音色が別世界に誘う"Time to Pretend"や、フロアを揺らすダンスアンセムとなった"Kids"、ビンテージなソウルのフレイバーも感じさせる"Electric Feel"など、2000年代のインディーポップのクラシックとして聴かれ続けている楽曲を多数収録した名盤。

iTunesスタッフメモ

ニューヨーク·ブルックリン出身のアンドリュー·ヴァンウィンガーデンとベン·ゴールドワッサーを中心に結成されたMGMTが、2007年に発表したデビューアルバム。デジタルで先行リリースされ、翌年にフィジカルが販売された本作は、リスニング環境の転換期であった2000年代半ばの時代性を象徴する作品であり、音楽性においても、ときのドリームポップ、エレクトロサイケのムーブメントをけん引した作品として評価されている。音響設計に定評があるデイヴ·フリッドマンをプロデューサーに迎え、奥行きの深い空間の中でとろけるトリッピーなサイケデリックサウンドを展開。奇妙なシンセサイザーの音色が別世界に誘う"Time to Pretend"や、フロアを揺らすダンスアンセムとなった"Kids"、ビンテージなソウルのフレイバーも感じさせる"Electric Feel"など、2000年代のインディーポップのクラシックとして聴かれ続けている楽曲を多数収録した名盤。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています