10曲、59分

iTunesスタッフメモ

ヨーロッパを中心にライブ活動を行い、スペインで開かれる電子音楽の祭典「SONAR」に出演するなど、日本を代表するエレクトロニカ・アーティストとなった Aoki Takamasa は、本作「Private Party」で1つの頂に達したと言えるのではないだろうか。彼の代名詞であったソリッドなグリッチ・サウンドはそのままに、本人がキーボードを手弾きすることで演奏したというベースや、ウォームな手触りのミックスなど全編に共通した雰囲気が広がる。そんな、硬さと柔らかさがミックスされたサウンド・プロダクションの上で、サマー・フィーリングの甘いボーカルが印象的なタイトル・トラック "Private Party" 、 Squarepusher ばりのベースが唸る "R8" など、5thアルバム「Simply Funk」をより有機的にしたエレクトロニカ・ファンクの数々が自由に遊んでいる。チル・アウトにも使えるタイトル通りのリラックスした親密さと、ダンス・フロアでも機能するであろうハイ・レベルなファンクネスの同居を実現させることにより、彼はシーンを選ばぬ普遍性を獲得した。

iTunesスタッフメモ

ヨーロッパを中心にライブ活動を行い、スペインで開かれる電子音楽の祭典「SONAR」に出演するなど、日本を代表するエレクトロニカ・アーティストとなった Aoki Takamasa は、本作「Private Party」で1つの頂に達したと言えるのではないだろうか。彼の代名詞であったソリッドなグリッチ・サウンドはそのままに、本人がキーボードを手弾きすることで演奏したというベースや、ウォームな手触りのミックスなど全編に共通した雰囲気が広がる。そんな、硬さと柔らかさがミックスされたサウンド・プロダクションの上で、サマー・フィーリングの甘いボーカルが印象的なタイトル・トラック "Private Party" 、 Squarepusher ばりのベースが唸る "R8" など、5thアルバム「Simply Funk」をより有機的にしたエレクトロニカ・ファンクの数々が自由に遊んでいる。チル・アウトにも使えるタイトル通りのリラックスした親密さと、ダンス・フロアでも機能するであろうハイ・レベルなファンクネスの同居を実現させることにより、彼はシーンを選ばぬ普遍性を獲得した。

タイトル 時間

AOKI takamasa その他の作品

他のおすすめ