iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 マイケル・フランクス「Rendezvous In Rio」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

Rendezvous In Rio

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

アルバムレビュー

Michael Franks' laid-back vocals have made him the choice of a new generation of cool school attendees. With Rendezvous in Rio, his debut release for Koch Records, Franks continuously shows why he is still at the top of his game with brand-new songs that will soothe, undo your stresses, or put you in a romantic mood. The various musical styles on the CD include two Brazilian sambas, one titled "Under the Sun," pointing you toward the Southern Hemisphere and the warmth of Rio de Janeiro and Bahia. A master of phrasing and elongated notes, Franks tells his great stories in several tempos that literally have you wanted to take this journey with him. "Rendezvous in Rio" starts with Café's percussive whistle and the rhythmic flow of Romero Lubambo's guitar. Chris Hunter's sax and flute solos also heighten the imagery of Franks' sexy vocals. "The Cool School" starts with the beautiful guitar accompaniment of Chuck Loeb and continues under Franks' vocals with a hushed flow of cool/smooth riffs that make this song one of the best on the CD. With the artistry of such respected contemporary jazz artists as Jeff Lorber, Jimmy Haslip, Chuck Loeb, and Alex Al and the lilt of the carnival whistle, Michael Franks has conspired to entertain you, and has succeeded. You're sure to enjoy this very special Rendezvous in Rio. Recommended. [A Japanese version added a bonus track.]

カスタマーレビュー

夏のけだるい午後に

マイケルフランクスの声は、真夏のけだるい午後にうとうとしながら聞くのがベストです。 あの眠気を誘うようなほんわかした歌声が(^▽^)

70年後半~80年前半

好きな自分にとっては最高です しかしUPされている当時のアルバム少ないです

30年前を思い出す音

M・フランクスを始めて聴いたのは、16歳のとき。まだ、CDが市販されていない時代、友だちの家のレコ-ドからだった。そのアルバムは、名盤「スリ-ピング・ジプシ-」。1曲目の導入、R・カールトンのスリーピ-・ギタ-が印象的だった。その頃、第1次サ-フィン・ブームで、六本木のディスコには丘サ-ファ-(実際サ-フィンはせず、サ-ファ-の格好だけして、女の子をナンパしてた輩)まで出没。大学生は「デイパック」に「POPEYE」がトレンドだった。あれから30年。自分を含め、世の中は大きく変わった。最近では、CDもあまり買わず、ダウンロードした音楽をPCで聴くことが多い。そんな中、iTunes・M・storeで見つけたこのアルバム。「スリーピング・ジプシ-・リターンズ」と思えたのは、ボクだけだろうか?アルバムの内容よりも、あの日の記憶にどっぷり浸かってしまった。

バイオグラフィ

誕生: 1944年9月18日 La Jolla, CA

ジャンル: ジャズ

活動期間: '70s, '80s, '90s, '00s, '10s

Michael Franks occupied a uniquely popular niche in the world of soft jazz and pop music in the 1970s; he was one of those crossover artists who defied easy category on the radio (which made him ideal for FM radio of the period), and found an audience mostly among college students. He was born in La Jolla, CA in 1944, the son of Gerald and Betty Franks. His parents weren't musicians, but they were music lovers and he was soon immersed in swing music and vocal jazz and pop. Franks' early idols included...
詳しいバイオグラフィー
Rendezvous In Rio, マイケル・フランクス
iTunes で見る

カスタマー評価

このアーティストに影響を受けた作品/アーティスト

同世代のアーティスト