14曲、1時間1分

iTunesスタッフメモ

Larrikin Love と並びテムズ・ビート一派として高い注目を集めたデビュー・アルバム「Making Dens」、ニュー・レイブ影の立役者である Erol Alkan プロデュースが話題を呼んだ2nd「Twenty One」といった具合に、常にトピックに満ちた作品をリリースしてきたロンドン出身の Mystery Jets。3rdアルバムである今作は、the Smiths や the Strokes を輩出した名門 Rough Trade に移籍してのリリースとなり、プロデューサーには the Beatles の "ホワイト・アルバム” でアシスタントを務め、Sex Pistols や Pink Floyd を手がけた大物プロデューサー、Chris Thomas を迎えている。ソングライティング的には前作「Twenty One」の80年代ポップ・ソング方向を踏襲しつつもより磨きをかけ、“Too Late to Talk” や “The Girl is Gone” など、そのまま映画のサウンドトラックになりそうなまでのポップ感を身につけている。スタイルとして安易に80年代を取り入れるバンドが多い中、彼らはこの作品で一段上の次元に足を踏み入れたと言っていいだろう。

iTunesスタッフメモ

Larrikin Love と並びテムズ・ビート一派として高い注目を集めたデビュー・アルバム「Making Dens」、ニュー・レイブ影の立役者である Erol Alkan プロデュースが話題を呼んだ2nd「Twenty One」といった具合に、常にトピックに満ちた作品をリリースしてきたロンドン出身の Mystery Jets。3rdアルバムである今作は、the Smiths や the Strokes を輩出した名門 Rough Trade に移籍してのリリースとなり、プロデューサーには the Beatles の "ホワイト・アルバム” でアシスタントを務め、Sex Pistols や Pink Floyd を手がけた大物プロデューサー、Chris Thomas を迎えている。ソングライティング的には前作「Twenty One」の80年代ポップ・ソング方向を踏襲しつつもより磨きをかけ、“Too Late to Talk” や “The Girl is Gone” など、そのまま映画のサウンドトラックになりそうなまでのポップ感を身につけている。スタイルとして安易に80年代を取り入れるバンドが多い中、彼らはこの作品で一段上の次元に足を踏み入れたと言っていいだろう。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています