11曲、49分

スタッフメモ

繊細かつ大胆なピアニストのイメージを補完するかのように、ここでのビル・エヴァンスは甘美なメロディをつづることに全力で向き合う。表題の原案ともなった"Polka Dots and Moonbeams"は多くの演奏家にカバーされているが、エヴァンスは音数を抑え、その隙間からバラードに不可欠な憂愁をにじませる。本作から新たなベース奏者チャック・イスラエルを迎えたこととも無縁ではない。付かず離れず、双方の関係はある種の空間性を重視するものとなった。"If You Could See Me Now"は作者タッド・ダメロンの録音で伴奏したばかり。エヴァンス流解釈を再提示するように収録されている。

スタッフメモ

繊細かつ大胆なピアニストのイメージを補完するかのように、ここでのビル・エヴァンスは甘美なメロディをつづることに全力で向き合う。表題の原案ともなった"Polka Dots and Moonbeams"は多くの演奏家にカバーされているが、エヴァンスは音数を抑え、その隙間からバラードに不可欠な憂愁をにじませる。本作から新たなベース奏者チャック・イスラエルを迎えたこととも無縁ではない。付かず離れず、双方の関係はある種の空間性を重視するものとなった。"If You Could See Me Now"は作者タッド・ダメロンの録音で伴奏したばかり。エヴァンス流解釈を再提示するように収録されている。

タイトル 時間

ビル・エヴァンス・トリオ その他の作品

他のおすすめ