11曲、53分

iTunesスタッフメモ

ジャズを語るのに欠かせないインストゥルメンタルの名盤がマイルス・デイヴィスの「Kind of Blue」ならば、ジャズヴォーカルを代表する名盤は間違いなく「Ella and Louis」だと言えるだろう。本作の参加ミュージシャンは、ヴォーカリストのエラ・フィッツジェラルドを始め、トランペット奏者/ヴォーカリストのルイ・アームストロング、またピアニストのオスカー・ピーターソンとベーシストのレイ・ブラウン、ギタリストのハーブ・エリスが組んだ最強のナット・キング・コール風トリオ、さらにドラマーのバディ・リッチも加わるなど、リズムセクションだけをとっても豪華極まりない、そうそうたる顔ぶれだ。このアルバムはプロデューサーのノーマン・グランツが選んだスタンダードナンバーを1956年8月16日の僅か 一日で一気にレコーディングしたもので、エラの歌声がのびやかに響き渡った後、さりげなくスキャットを取り入れたアームストロングの歌と、彼の大胆でタイトなトランペットソロとが絶妙に絡み合っていく"Can’t We Be Friends?"がオープニングを飾っている。その他、アームストロングの冒頭のパフォーマンスが秀逸な"Tenderly"、2人のヴォーカルの掛け合いが光る"Cheek to Cheek"、そしていつまでたっても色褪せない愛らしさにあふれた"The Nearness of You"など名曲揃いのアルバムである。

iTunesスタッフメモ

ジャズを語るのに欠かせないインストゥルメンタルの名盤がマイルス・デイヴィスの「Kind of Blue」ならば、ジャズヴォーカルを代表する名盤は間違いなく「Ella and Louis」だと言えるだろう。本作の参加ミュージシャンは、ヴォーカリストのエラ・フィッツジェラルドを始め、トランペット奏者/ヴォーカリストのルイ・アームストロング、またピアニストのオスカー・ピーターソンとベーシストのレイ・ブラウン、ギタリストのハーブ・エリスが組んだ最強のナット・キング・コール風トリオ、さらにドラマーのバディ・リッチも加わるなど、リズムセクションだけをとっても豪華極まりない、そうそうたる顔ぶれだ。このアルバムはプロデューサーのノーマン・グランツが選んだスタンダードナンバーを1956年8月16日の僅か 一日で一気にレコーディングしたもので、エラの歌声がのびやかに響き渡った後、さりげなくスキャットを取り入れたアームストロングの歌と、彼の大胆でタイトなトランペットソロとが絶妙に絡み合っていく"Can’t We Be Friends?"がオープニングを飾っている。その他、アームストロングの冒頭のパフォーマンスが秀逸な"Tenderly"、2人のヴォーカルの掛け合いが光る"Cheek to Cheek"、そしていつまでたっても色褪せない愛らしさにあふれた"The Nearness of You"など名曲揃いのアルバムである。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています