10曲、30分

スタッフメモ

はっぴいえんどや細野晴臣に代表される日本の1970年代フォークに、サイケデリックやサーフ、トロピカルなロックサウンドの融合を得意とするnever young beach。4人組編成となり、サウンドアプローチを大きく変化させた4作目のアルバムでは、小林うてなのスティールパンやコーラス隊をフィーチャーしつつ、ミニマルかつソリッドなバンドアンサンブルを展開している。モータウンソウルを思わせる"STORY"やシンプルで太いグルーヴが際立った"春らんまん"、音の間と言葉の組み合わせが想像力を喚起する"うつらない"や、開発によって移り変わる街の風景を描いた"歩いてみたら"など、詩情豊かな楽曲がそろい、その音世界はどこまでも広がって深みを増していく。

スタッフメモ

はっぴいえんどや細野晴臣に代表される日本の1970年代フォークに、サイケデリックやサーフ、トロピカルなロックサウンドの融合を得意とするnever young beach。4人組編成となり、サウンドアプローチを大きく変化させた4作目のアルバムでは、小林うてなのスティールパンやコーラス隊をフィーチャーしつつ、ミニマルかつソリッドなバンドアンサンブルを展開している。モータウンソウルを思わせる"STORY"やシンプルで太いグルーヴが際立った"春らんまん"、音の間と言葉の組み合わせが想像力を喚起する"うつらない"や、開発によって移り変わる街の風景を描いた"歩いてみたら"など、詩情豊かな楽曲がそろい、その音世界はどこまでも広がって深みを増していく。

タイトル 時間

never young beach その他の作品