iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 ストロベリー・スウィッチブレイド「Strawberry Switchblade」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

アルバムレビュー

Depending on what mood the listener is in, the lightweight pop of Strawberry Switchblade's self-titled debut album can be sickeningly coy or irresistibly charming. Featuring Rose McDowall (guitar, vocals, harmony vocals) and Jill Bryson (guitar, vocals, harmony vocals), Strawberry Switchblade sound like two little girls enraptured and enraged by their first crushes; those with no tolerance for this innocuous stuff will immediately bolt for the exits. But Strawberry Switchblade shouldn't be flogged for being too cute; accepted for what it is, the album is a toothsome collection of new wave bubblegum. McDowall and Bryson have pretty voices; they blend together wondrously. The lyrics reflect an adolescent perspective on love and heartbreak. On "Go Away," the girls sing about a boy who used one of them for sex and then split; there is a heavy sadness in their vocals that shatters the LP's façade of innocence. "Who Knows What Love Is?" is a winsome tale of longing. In the mid-'80s, synthesizers were still in fashion in the new wave scene, and keyboards are bouncing all over Strawberry Switchblade, especially on "Let Her Go." However, there is darkness lurking within Strawberry Switchblade's candy-flavored melodies. Never has a band sounded so sweet while being so bummed out.

カスタマーレビュー

苺のキオク

スコットランドはグラスゴー出身。
ジル&ローズのストロベリー・スイッチブレイド。
これは85年作にして唯一のアルバム。
今でもたまに聴きます。

音的には「ほんのりテクノポップ」風。
そこに、ほのかに甘く、ときに「センチメンタルなカンジ」をコーティングしたような。
そんな音像。

1曲目の「Since Yesterday」(邦題:ふたりのイエスタデイ)が死ぬほど好きでして。
はじめて「ケータイの着メロの曲」にしたのもこの曲。

「淋しいけれど、今のふたりに残されたのは 昨日という日の思い出だけ」

…てな感じで内容的には暗めの歌なんだけど。

勿論、リアルタイムで聴いてた曲じゃないのに。
聴く度に何故か、「嗚呼…懐かしい」という気持ちになり、少しだけ泣きそうになります。

今の世でこのアルバムを日常的に聴いている人はあまりいないだろうけど。
自分にとっては大事な1枚ですね。

懐かしい~

トミーヘヴンリィー? トミーヘヴンリィー(こんな名前だったかな?)も大好きな このユニット。1が、日英でヒット。これ、デラックス盤みたい 買いかな。

やっと見つけた!TvTノ

昔友達にCD貸したまま返って来なくて、アーティスト名も度忘れしwww ずっとストアをさまよってたらモーマスから飛べた!><ノ
トミーズフェブラリー?だったかな?^^;私もそっちは良く解らないんですが。彼女の元ネタだよね◎ホント良作です♪^^ノ 
#8のGo Awayとかなんかは子供の頃初めて聞いた時は胸が押しつぶされるみたいに切なくなった思い出の曲www

伝記

結成: Glasgow, Scotland

ジャンル: ポップ

活動期間: '80s

From the ominous shadows of goth suddenly appeared two young girls in polka-dot dresses, flaming red lipstick, and hair ribbons. Looking like the brides of Robert Smith, Strawberry Switchblade made a brief splash on the U.K. charts and then abruptly vanished in the mid-‘80s, leaving their fans with a handful of collectible singles and one LP of deceptively sweet-sounding dance-pop. The duo of Rose McDowall and Jill Bryson first met in 1977 in Glasgow, Scotland, united by their love for punk and new...
詳しいバイオグラフィー
Strawberry Switchblade, ストロベリー・スウィッチブレイド
iTunes で見る

カスタマー評価

影響を与えたアーティスト

同世代のアーティスト