14曲、1時間1分

iTunesスタッフメモ

2011年の 「Black and White America」に続き、レニー・クラヴィッツはソウル、ファンク、サイケデリックロックと、燃えるように情熱的な緊迫感を見事に融合させた。グラミー賞受賞歴のあるレニー・クラヴィッツは多才なことで知られ、今回もその才能を存分に発揮している。愛について余すところなく巧みに綴られた一連の楽曲で、ほとんどすべての楽器をレニー・クラヴィッツ自ら演奏している。「Strut」 を代表する曲である “The Chamber”、”The Pleasure and the Pain”、そしてギターが魅力的なタイトルトラック “Strut” は、レニー・クラヴィッツの代表曲である “Are You Gonna Go My Way” や “Fly Away” にも通じる自信にあふれた力強さがある。しかし「Strut」の本当に賞讃すべき点は、アルバム全編を貫くサウンドの一貫性である。きわどいロックナンバーの “Sex” ではじまる 「Strut」は、リスナーに大胆なロック体験を届けてくれるだろう。

iTunesスタッフメモ

2011年の 「Black and White America」に続き、レニー・クラヴィッツはソウル、ファンク、サイケデリックロックと、燃えるように情熱的な緊迫感を見事に融合させた。グラミー賞受賞歴のあるレニー・クラヴィッツは多才なことで知られ、今回もその才能を存分に発揮している。愛について余すところなく巧みに綴られた一連の楽曲で、ほとんどすべての楽器をレニー・クラヴィッツ自ら演奏している。「Strut」 を代表する曲である “The Chamber”、”The Pleasure and the Pain”、そしてギターが魅力的なタイトルトラック “Strut” は、レニー・クラヴィッツの代表曲である “Are You Gonna Go My Way” や “Fly Away” にも通じる自信にあふれた力強さがある。しかし「Strut」の本当に賞讃すべき点は、アルバム全編を貫くサウンドの一貫性である。きわどいロックナンバーの “Sex” ではじまる 「Strut」は、リスナーに大胆なロック体験を届けてくれるだろう。

タイトル 時間
3:53
4:57
3:57
6:22
5:08
3:09
4:34
4:42
3:16
4:56
4:37
3:40
4:48
3:44

トップソング

アルバム

トップビデオ

リスナーはこちらも再生しています