13曲、43分

iTunesスタッフメモ

ヘビーでストーナー・ロック的サウンドで話題を巻き起こした前作3rd「Humbug」以来約2年ぶりにリリースしたのが、この4thアルバム「Suck It and See」だ。盟友ともいえる Simian Mobile Disco のジェイムス・フォードをプロデューサーに迎え、アメリカはロサンゼルスの名門スタジオでレコーディングされた本作はとにかくメロウ。性急なギター・リフと、ヒップホップやジョン・ボーナムからの影響を公言するマット・ヘルダースの特徴的ドラミングを主体とした曲作りは影を潜め、アレックス・ターナーの色気ある歌唱をメインに据えた曲作りを行っている。リラックスした50年代的ソングライティングの楽曲が満載で、彼らのバンドとしての懐の広さと自由奔放さを表現していると言えるだろう。

iTunesスタッフメモ

ヘビーでストーナー・ロック的サウンドで話題を巻き起こした前作3rd「Humbug」以来約2年ぶりにリリースしたのが、この4thアルバム「Suck It and See」だ。盟友ともいえる Simian Mobile Disco のジェイムス・フォードをプロデューサーに迎え、アメリカはロサンゼルスの名門スタジオでレコーディングされた本作はとにかくメロウ。性急なギター・リフと、ヒップホップやジョン・ボーナムからの影響を公言するマット・ヘルダースの特徴的ドラミングを主体とした曲作りは影を潜め、アレックス・ターナーの色気ある歌唱をメインに据えた曲作りを行っている。リラックスした50年代的ソングライティングの楽曲が満載で、彼らのバンドとしての懐の広さと自由奔放さを表現していると言えるだろう。

タイトル 時間
3:54
3:35
2:59
3:00
3:03
2:22
3:52
2:42
3:23
3:11
3:45
4:36
3:28

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています