12曲、1時間8分

スタッフメモ

2007年に「tide of stars」を引っさげてインディーズからデビューした DE DE MOUSE。奇異なほどにオリジナルな旋律とアンダーグラウンドな空気は、真っ先にアーティストやクリエイターたちの耳をとらえた。彼らの口伝えでうわさが広まり、その存在感は自然と大きなものになっていったのだ。ミニ・アルバム「east end girl」をはさみ、ファンの期待が高まる中、ついにメジャー・デビュー・アルバムとなる「sunset girls」をリリース。独特の世界観はより一層深みを増した印象だ。"light night dance"などでも聴ける島唄のような、ホーミィのような、とても不思議なボイス・サンプリング、風変わりで優しいメロディ、心地よいグルーブ感のリズム・トラック。日本人のDNAにやさしく訴えかける懐かしさはそばに置いておきたい愛おしさをも感じる。もともとはエイフェックス・ツインやスクエアプッシャーなどを愛していたという DE DE MOUSE。なるほど、カオスの中に見える美しい風景は、彼らの音楽と地続きかもしれない。

スタッフメモ

2007年に「tide of stars」を引っさげてインディーズからデビューした DE DE MOUSE。奇異なほどにオリジナルな旋律とアンダーグラウンドな空気は、真っ先にアーティストやクリエイターたちの耳をとらえた。彼らの口伝えでうわさが広まり、その存在感は自然と大きなものになっていったのだ。ミニ・アルバム「east end girl」をはさみ、ファンの期待が高まる中、ついにメジャー・デビュー・アルバムとなる「sunset girls」をリリース。独特の世界観はより一層深みを増した印象だ。"light night dance"などでも聴ける島唄のような、ホーミィのような、とても不思議なボイス・サンプリング、風変わりで優しいメロディ、心地よいグルーブ感のリズム・トラック。日本人のDNAにやさしく訴えかける懐かしさはそばに置いておきたい愛おしさをも感じる。もともとはエイフェックス・ツインやスクエアプッシャーなどを愛していたという DE DE MOUSE。なるほど、カオスの中に見える美しい風景は、彼らの音楽と地続きかもしれない。

タイトル 時間

DE DE MOUSE その他の作品

他のおすすめ