8曲、27分

iTunesスタッフメモ

2004年の KICK THE CAN CREW の活動休止以降、ソロのラッパーとして日本のヒップホップを牽引している KREVA。自身初となるミニ・アルバム「OASYS」は、コンセプチュアルでメッセージ性の色濃い一作となった。従来ビート感の強いトラック作りを得意としていた KREVA だが、今作はタイトル名に彼の使用しているシンセサイザーの機種名を冠しているだけあって、シンセのセンチメンタルな音色とメロウなライミングが絡み合うトラックがアルバムのカラーになっている。メロディアスなフロウにのせて強いメッセージをラップする “かも”、浮遊感のあるトラックに女性シンガー SONOMI のボーカルをフィーチャーした “たられば feat SONOMI”、パンク・バンド YOUNG PUNCH の楽曲をオートチューンの歌声でカバーした “エレクトロ・アース・トラックス” など、どこかメランコリックな曲調の中に、ストレートなメッセージをラップした切迫感のあるトラックばかり。傑作「心臓」以後、新たなモードに突入した KREVA の今がそのまま詰まったアルバムだ。

iTunesスタッフメモ

2004年の KICK THE CAN CREW の活動休止以降、ソロのラッパーとして日本のヒップホップを牽引している KREVA。自身初となるミニ・アルバム「OASYS」は、コンセプチュアルでメッセージ性の色濃い一作となった。従来ビート感の強いトラック作りを得意としていた KREVA だが、今作はタイトル名に彼の使用しているシンセサイザーの機種名を冠しているだけあって、シンセのセンチメンタルな音色とメロウなライミングが絡み合うトラックがアルバムのカラーになっている。メロディアスなフロウにのせて強いメッセージをラップする “かも”、浮遊感のあるトラックに女性シンガー SONOMI のボーカルをフィーチャーした “たられば feat SONOMI”、パンク・バンド YOUNG PUNCH の楽曲をオートチューンの歌声でカバーした “エレクトロ・アース・トラックス” など、どこかメランコリックな曲調の中に、ストレートなメッセージをラップした切迫感のあるトラックばかり。傑作「心臓」以後、新たなモードに突入した KREVA の今がそのまま詰まったアルバムだ。

タイトル 時間
2:30
4:35
4:20
3:53
4:24
2:18
3:41
1:49

カスタマーレビュー

4.3/5

107件の評価

107件の評価

OASYS

KREVISM

早速、最速で書き込みぃぃぃぃ~!!
KREVAファンだけどファーストインプレッションは、

良くも悪くもKREVAらしくない感じ。
こてこてのHIPHOPではないし、アップなJ-POPでもないし・・・

回数聴けば味が出るかも・・・。

がんばって~!

GReeeeN2世

腰痛にまけずがんばって!

本音のところ

ASAmik

まったく良くない てゆうか最近のクレバの音に魅力を感じない
情けない NO1としての迫力・魅力・最先端の音ではない
SEEDAに負けている 初心を忘れないで!!
売れてるからいい気に鳴らないで
これは買わない 買えない
次回に期待 

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも購入しています