4曲、48分

iTunesスタッフメモ

マイケル・ティルソン・トーマスのデビュー当時の録音に、チャイコフスキーの交響曲第1番があった。それから50年の歳月を経て、彼は盟友サンフランシスコ交響楽団と共に交響曲第6番「悲愴」を取り上げることとなった。ティルソン・トーマスの指揮は、チャイコフスキーそのものを表現するかのように、感情に流され過ぎることなく、抑制を効かせた美の世界を展開。ライブ収録されたオーケストラによる壮大な音楽は、一つの独奏作品のような佇まいを感じさせ、とても印象的である。

iTunesスタッフメモ

マイケル・ティルソン・トーマスのデビュー当時の録音に、チャイコフスキーの交響曲第1番があった。それから50年の歳月を経て、彼は盟友サンフランシスコ交響楽団と共に交響曲第6番「悲愴」を取り上げることとなった。ティルソン・トーマスの指揮は、チャイコフスキーそのものを表現するかのように、感情に流され過ぎることなく、抑制を効かせた美の世界を展開。ライブ収録されたオーケストラによる壮大な音楽は、一つの独奏作品のような佇まいを感じさせ、とても印象的である。

タイトル 時間

マイケル・ティルソン・トーマス & サンフランシスコ交響楽団 その他の作品

出身地
Los Angeles, CA
ジャンル
クラシック
生年月日
1944年12月21日

アルバム

ビデオ