14曲、35分

iTunesスタッフメモ

ザ・クラッシュのデビューアルバムである本作と、セックス・ピストルズの「Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols」がリリースされた1977年は、ロンドンパンクのゼロ年とされている。本作はパンクという新たなユースカルチャーの当事者であった彼らが、その興奮を荒削りな3コードのギターストロークに叩き付けた、極めて初期衝動的な一作だ。ただし、ここには1950年代のロックンロール/ロカビリーの影響や、後に大きく開花するスカやレゲエの一端も既に見え隠れしており、彼らと凡百のパンクアクトとの違いを明確にしている。また、若者の怒りと知的な政治的メッセージを両立させた歌詞は、階級や人種の問題を提議した"White Riot"や、政府の経済政策を鋭く批判した"Career Opportunities"にも顕著だ。

iTunesスタッフメモ

ザ・クラッシュのデビューアルバムである本作と、セックス・ピストルズの「Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols」がリリースされた1977年は、ロンドンパンクのゼロ年とされている。本作はパンクという新たなユースカルチャーの当事者であった彼らが、その興奮を荒削りな3コードのギターストロークに叩き付けた、極めて初期衝動的な一作だ。ただし、ここには1950年代のロックンロール/ロカビリーの影響や、後に大きく開花するスカやレゲエの一端も既に見え隠れしており、彼らと凡百のパンクアクトとの違いを明確にしている。また、若者の怒りと知的な政治的メッセージを両立させた歌詞は、階級や人種の問題を提議した"White Riot"や、政府の経済政策を鋭く批判した"Career Opportunities"にも顕著だ。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています