12曲、45分

iTunesスタッフメモ

エレクトロニック・サウンドを大胆にフィーチャーした2010年のアルバム「A Thousand Suns」や、2012年の「Living Things」に続き、新たにリリースされるニューアルバム「The Hunting Party」で、2000年にリリースされたアルバム「Hybrid Theory」を彷彿とさせるギターロックへの回帰を試みる LINKIN PARK。ダブルタイムのリズムで放たれる “Keys to the Kingdom” や “Rebellion” での強烈なギターソロは、最高のヘヴィ・サウンドが炸裂。また “Wastelands” や伝説のラッパー、ラキムをフィーチャーした “Guilty All the Same” では、クラシック・ヒップホップの要素を取り入れている。さらに、叙情的なバラード “Until It’s Gone” や、オーディエンスを熱狂へと導く “Final Masquerade” のコーラスなど、バンドが得意とする多彩なサウンドが楽しめる一枚に仕上がっている。

iTunesスタッフメモ

エレクトロニック・サウンドを大胆にフィーチャーした2010年のアルバム「A Thousand Suns」や、2012年の「Living Things」に続き、新たにリリースされるニューアルバム「The Hunting Party」で、2000年にリリースされたアルバム「Hybrid Theory」を彷彿とさせるギターロックへの回帰を試みる LINKIN PARK。ダブルタイムのリズムで放たれる “Keys to the Kingdom” や “Rebellion” での強烈なギターソロは、最高のヘヴィ・サウンドが炸裂。また “Wastelands” や伝説のラッパー、ラキムをフィーチャーした “Guilty All the Same” では、クラシック・ヒップホップの要素を取り入れている。さらに、叙情的なバラード “Until It’s Gone” や、オーディエンスを熱狂へと導く “Final Masquerade” のコーラスなど、バンドが得意とする多彩なサウンドが楽しめる一枚に仕上がっている。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています