12曲、50分

タイトル 時間

評価とレビュー

レザーフェイス

歯痛をハイボールでおさめてます。

若い頃は「あれ聞いた?、これは聞かなヤバイで!」とか仲間内で煽り合い、そして競うあうように名曲を探してた。駄曲を聞いてる暇はないという焦燥感、あれば何だったんだろうか?それから時は過ぎて、私も家族を持ち、なんと借金して家まで買って、なんか丸くなったというか人生守りに入ったのか、自分の為に自分のペースで好きな音楽を選んで聴くと言う行為に徐々に変わってきた事を実感してます。名曲をセレクトしてコンパイルした自作プレイリストCDがつまらんように感じて来たのは、おそらく別のアーティストやアルバムのトラックとトラック間にある世界感のギャップのせいなんだと思う。アルバム通してその背景や世界を感じ取る、そうゆう聞き方ができるようになったと言う事です。どうしたらそうなれるか?ということですが、年取るとものぐさになるというか、オリジナルCDを作ったり、カーステにiPod繋げたりすること自体が面倒になって、なんかそこらへんに転がってるCDをぶち込んどけみたいな感じになると、もう間近です。僕の友人はさらに進んで、車ではCD選ぶことすら面倒になってFMらしいです。まだそこまでは達観してませんが、そうなるかも。

他のおすすめ