9曲、43分

iTunesスタッフメモ

1999年のデビュー以来、ギター/シンセサイザー/パーカッションをベースにアコースティックなサウンドとエレクトロニカをゆっくりと有機的に溶かし合わせたような、“ありそうで、実はなかった” ユニークなサウンドで高い人気を誇る3人組インストゥルメンタル・ユニット、ペペ・カルフォルニア。彼らが2002年にリリースした初のフル・アルバム。メロディカやカリンバ、リコーダーなど、それまで以上に生楽器を全面にフィーチャーしてペペ・カルフォルニアらしい持ち味を発揮したアコースティックなトラックから、壮大な展開を見せるハウス・チューンの “In the Sun” や不思議なボイス・サンプリングをフィーチャーしたファンキー・チューンの “Get Up! (Clap Your Hands)” など、自称 “東京代表多幸感ダンスバンド” の名に恥じない、ハッピーで、でも、やはりどこかのんびりとしたダンス・トラックまで、幅広いサウンドを聴かせている。聴いているとなぜか青空が目に浮かび、思わず外に出かけたくなるような、そんな不思議なファンクションを持ったアルバムだ。

iTunesスタッフメモ

1999年のデビュー以来、ギター/シンセサイザー/パーカッションをベースにアコースティックなサウンドとエレクトロニカをゆっくりと有機的に溶かし合わせたような、“ありそうで、実はなかった” ユニークなサウンドで高い人気を誇る3人組インストゥルメンタル・ユニット、ペペ・カルフォルニア。彼らが2002年にリリースした初のフル・アルバム。メロディカやカリンバ、リコーダーなど、それまで以上に生楽器を全面にフィーチャーしてペペ・カルフォルニアらしい持ち味を発揮したアコースティックなトラックから、壮大な展開を見せるハウス・チューンの “In the Sun” や不思議なボイス・サンプリングをフィーチャーしたファンキー・チューンの “Get Up! (Clap Your Hands)” など、自称 “東京代表多幸感ダンスバンド” の名に恥じない、ハッピーで、でも、やはりどこかのんびりとしたダンス・トラックまで、幅広いサウンドを聴かせている。聴いているとなぜか青空が目に浮かび、思わず外に出かけたくなるような、そんな不思議なファンクションを持ったアルバムだ。

タイトル 時間
4:47
5:53
4:23
4:26
2:45
6:09
4:37
2:49
7:11

アルバム

リスナーはこちらも再生しています