11曲、40分

スタッフメモ

前作「Humanz」からわずか1年強のインターバルでリリースされた、通算6作目のオリジナルアルバム。政治的なメッセージ性の強いダークかつシリアスな前作から一転、カラフルでポジティブなムードに満ちたポップアルバムとなった。エレクトロポップやソウル、カリビアンポップやファンクといった、ゴリラズらしい多文化的な要素が緩くつながり合って広がっていき、高揚感に満ちたサウンドに仕上がっている。素早く完成に至った経緯もあり、参加ゲストは最小限にとどめられているが、その代わりにジョージ・ベンソンのギターをぜいたくにフィーチャーした"Humility"など、適材適所かつ有機的なコラボレーションが実現している。

スタッフメモ

前作「Humanz」からわずか1年強のインターバルでリリースされた、通算6作目のオリジナルアルバム。政治的なメッセージ性の強いダークかつシリアスな前作から一転、カラフルでポジティブなムードに満ちたポップアルバムとなった。エレクトロポップやソウル、カリビアンポップやファンクといった、ゴリラズらしい多文化的な要素が緩くつながり合って広がっていき、高揚感に満ちたサウンドに仕上がっている。素早く完成に至った経緯もあり、参加ゲストは最小限にとどめられているが、その代わりにジョージ・ベンソンのギターをぜいたくにフィーチャーした"Humility"など、適材適所かつ有機的なコラボレーションが実現している。

タイトル 時間

ゴリラズ その他の作品