10曲、45分

スタッフメモ

コールドプレイにとって4枚目のオリジナルアルバムとなる本作は、エレクトロサウンドを大胆に導入したインストゥルメンタル "Life In Technicolor" での幕開けからして、新たな方向性を実感できる転換期の傑作だ。本作におけるバンドの変貌を導いたのは、プロデュースを担当したブライアン・イーノであり、彼らはイーノとのスタジオワークを通して教会の高い天井に響く聖歌のようなサウンドスケープを獲得し、これまでにない壮大な音の広がりを生み出している。その代表的なナンバーがシンフォニックなコーラスと印象的なストリングスを配した "Viva La Vida" で、CMやさまざまなテレビ番組でフィーチャーされ、コールドプレイが日本でも広く知られるきっかけとなった。

スタッフメモ

コールドプレイにとって4枚目のオリジナルアルバムとなる本作は、エレクトロサウンドを大胆に導入したインストゥルメンタル "Life In Technicolor" での幕開けからして、新たな方向性を実感できる転換期の傑作だ。本作におけるバンドの変貌を導いたのは、プロデュースを担当したブライアン・イーノであり、彼らはイーノとのスタジオワークを通して教会の高い天井に響く聖歌のようなサウンドスケープを獲得し、これまでにない壮大な音の広がりを生み出している。その代表的なナンバーがシンフォニックなコーラスと印象的なストリングスを配した "Viva La Vida" で、CMやさまざまなテレビ番組でフィーチャーされ、コールドプレイが日本でも広く知られるきっかけとなった。

タイトル 時間

コールドプレイ その他の作品

他のおすすめ