12曲、37分

スタッフメモ

2008年にアルバム「I'M Serious(好きにやってみた)」でシーンに登場して以来、ソロだけでなく実兄 Punpee や Gapper とのユニットの PSG ほかさまざまな客演など、地に足の着いたスタンス、かつハイペースに、オリジナリティあふれる作品をリリースし、2000年以降の日本のヒップホップ・シーンで独特な存在感を放っているラッパー / プロデューサーの S.L.A.C.K.による4作目のフル・アルバム。本作は「EPでもアルバムでもない」というコンセプトで制作された作品で、ゲストに Gapper や Seeda、後に Sick Team を結成することになる Budamonk と Issugi など、気心知れた仲間との共作を要所に配置しつつ、全体として1つの世界観が見事に表現されているのが特徴だ。メロウでソウルフルなトラックの上で、聴き取りやすい言葉遣いとライミングでありながら、詩的ですらあるリリックを力の抜けた穏やかなフロウで聴かせ、リスナーの頭の中に日常の中のさまざまな情景を想起させる世界観を描き出す、そんなS.L.A.C.K.の魅力が存分に堪能できる傑作だ。

スタッフメモ

2008年にアルバム「I'M Serious(好きにやってみた)」でシーンに登場して以来、ソロだけでなく実兄 Punpee や Gapper とのユニットの PSG ほかさまざまな客演など、地に足の着いたスタンス、かつハイペースに、オリジナリティあふれる作品をリリースし、2000年以降の日本のヒップホップ・シーンで独特な存在感を放っているラッパー / プロデューサーの S.L.A.C.K.による4作目のフル・アルバム。本作は「EPでもアルバムでもない」というコンセプトで制作された作品で、ゲストに Gapper や Seeda、後に Sick Team を結成することになる Budamonk と Issugi など、気心知れた仲間との共作を要所に配置しつつ、全体として1つの世界観が見事に表現されているのが特徴だ。メロウでソウルフルなトラックの上で、聴き取りやすい言葉遣いとライミングでありながら、詩的ですらあるリリックを力の抜けた穏やかなフロウで聴かせ、リスナーの頭の中に日常の中のさまざまな情景を想起させる世界観を描き出す、そんなS.L.A.C.K.の魅力が存分に堪能できる傑作だ。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
52件の評価
52件の評価
iiekk2298

たまたま

試聴したときに即買い。
洋楽しか聞かんし、全く知らんかったけどかなりいい曲作るんやなって思った。
なんか他にもユニットでやってるみたいでそれも楽しみや。

司 大槻

最高

かっこよすぎ!!!!!!

Kznr03281984

適当にさ

S.L.A.C.Kってこんなトラックも作るんですね。個人的にはトラックとS.L.A.C.Kのフロウがとても気持ち良くて、しばらくヘビロテの予感。

S.L.A.C.K. その他の作品

他のおすすめ