7曲、20分

スタッフメモ

美しくクリエイティブな感性が全編を貫いた、SHINeeのTAEMINによるセカンドEP。きらびやかで挑発的なシンセサウンドと、グルーヴィーなビートのスペースディスコをまとったタイトル曲"Want"をはじめ、ポップ、R&B、フューチャーソウルといったジャンルをまたぎながら、妖艶でしなやかな歌声を響かせている。ここではTAEMIN自らが「WANT」の聴きどころや楽曲に寄せる思いの数々を紹介。

"Want"
「ディスコ、R&B、ポップの3つのジャンルのハーモニーが感じられる強烈なアップテンポのダンス曲で、自分の魅力がよく表現されている楽曲だと思います」

"Artistic Groove"
「今回のアルバムの中で一番キャッチーな楽曲で、メロディーを一度聴くと耳に残って頭から離れないでしょう」

"Shadow"
「エレクトリックギターのサウンドと力のあるストリングのリズム感が際立つパワフルな楽曲で、忘れられない愛の記憶を消えない『影』(Shadow)に例えた歌詞にすごく共感できました」

"Truth"
「『愛』をテーマにした歌は世の中にたくさんあるけど、この曲でとても面白かったのは、『愛』という言葉の代わりに、『誠実』(Truth)という言葉で気持ちを伝えようとしている歌詞です。叙情的なピアノ伴奏と強めのシンセサウンドは対照的でありながらもお互いが調和していて、まさに愛への誠実な気持ちをうまく表現していると思います」

"Never Forever"
「『別れの前では永遠なものはない』という意味の歌詞は、失恋したことのある多くの方の共感を呼ぶのではないでしょうか。特に、 別れから早く立ち直りたい方に強くおすすめしたいです(笑)」

"Monologue"
「僕の切ない感情が一番よく表れた楽曲だと思います。ピアノが奏でるメロディが、『別れ』という悲しい感情を、寂しいだけでなく美しさを持ってうまく表現していると思います」

スタッフメモ

美しくクリエイティブな感性が全編を貫いた、SHINeeのTAEMINによるセカンドEP。きらびやかで挑発的なシンセサウンドと、グルーヴィーなビートのスペースディスコをまとったタイトル曲"Want"をはじめ、ポップ、R&B、フューチャーソウルといったジャンルをまたぎながら、妖艶でしなやかな歌声を響かせている。ここではTAEMIN自らが「WANT」の聴きどころや楽曲に寄せる思いの数々を紹介。

"Want"
「ディスコ、R&B、ポップの3つのジャンルのハーモニーが感じられる強烈なアップテンポのダンス曲で、自分の魅力がよく表現されている楽曲だと思います」

"Artistic Groove"
「今回のアルバムの中で一番キャッチーな楽曲で、メロディーを一度聴くと耳に残って頭から離れないでしょう」

"Shadow"
「エレクトリックギターのサウンドと力のあるストリングのリズム感が際立つパワフルな楽曲で、忘れられない愛の記憶を消えない『影』(Shadow)に例えた歌詞にすごく共感できました」

"Truth"
「『愛』をテーマにした歌は世の中にたくさんあるけど、この曲でとても面白かったのは、『愛』という言葉の代わりに、『誠実』(Truth)という言葉で気持ちを伝えようとしている歌詞です。叙情的なピアノ伴奏と強めのシンセサウンドは対照的でありながらもお互いが調和していて、まさに愛への誠実な気持ちをうまく表現していると思います」

"Never Forever"
「『別れの前では永遠なものはない』という意味の歌詞は、失恋したことのある多くの方の共感を呼ぶのではないでしょうか。特に、 別れから早く立ち直りたい方に強くおすすめしたいです(笑)」

"Monologue"
「僕の切ない感情が一番よく表れた楽曲だと思います。ピアノが奏でるメロディが、『別れ』という悲しい感情を、寂しいだけでなく美しさを持ってうまく表現していると思います」

タイトル 時間

TAEMIN その他の作品