14曲、49分

スタッフメモ

前作「35xxxv」に続く2017年1月リリースの通算8作目となるアルバム。エレクトロニックなサウンドなど、さまざまなアイデアを持ち込んで新たなロックサウンドを開拓する路線は前作で一区切りし、国内外でのライブ活動の成果を知らしめるかのように、より筋肉質に引き締まったバンドサウンドを核に据えた作風となっている。強いドライブ感の中にも周到なフックが仕掛けられた"Taking Off"や"20/20"、ミドルテンポの美しいアンセム"Always coming back"などが収められ、本格的な世界進出の過程で育まれてきた海外アーティストとのコラボレーションは、"Listen (feat. Avril Lavigne)"や"Take what you want (feat. 5 Seconds of Summer)"といった形で結実している。

スタッフメモ

前作「35xxxv」に続く2017年1月リリースの通算8作目となるアルバム。エレクトロニックなサウンドなど、さまざまなアイデアを持ち込んで新たなロックサウンドを開拓する路線は前作で一区切りし、国内外でのライブ活動の成果を知らしめるかのように、より筋肉質に引き締まったバンドサウンドを核に据えた作風となっている。強いドライブ感の中にも周到なフックが仕掛けられた"Taking Off"や"20/20"、ミドルテンポの美しいアンセム"Always coming back"などが収められ、本格的な世界進出の過程で育まれてきた海外アーティストとのコラボレーションは、"Listen (feat. Avril Lavigne)"や"Take what you want (feat. 5 Seconds of Summer)"といった形で結実している。

タイトル 時間

ONE OK ROCK その他の作品

他のおすすめ