iTunes

Opening the iTunes Store.If iTunes doesn't open, click the iTunes application icon in your Dock or on your Windows desktop.Progress Indicator
Opening the iBooks Store.If iBooks doesn't open, click the iBooks app in your Dock.Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

We are unable to find iTunes on your computer. To preview and buy music from In the Moment by Bob Mintzer Quartet, download iTunes now.

Already have iTunes? Click I Have iTunes to open it now.

I Have iTunes Free Download
iTunes for Mac + PC

In the Moment

Bob Mintzer Quartet

Open iTunes to preview, buy, and download music.

Album Review

Though Bob Mintzer normally works in the big band tradition, the tenor saxophonist does the occasional small combo session as well. In the Moment is one of those rare sets, recorded in one December 2004 session with the rhythm section of pianist Phil Markowitz, bassist Jay Anderson and drummer John Riley. A completely straightforward mainstream jazz set in the post-bop tradition, In the Moment mostly consists of originals (the highlight of which is Markowitz's lovely ballad "Forgiveness"), with a respectful take on the ballad standard "Time After Time" and a playful, swinging version of Eddie Harris' soul-jazz hit "Listen Here" thrown in for variety. Two showcases for the woody, funky tone of Mintzer's bass clarinet, "Blues" and "What's the Word," add another dimension to the album. In a way, there's nothing special about In the Moment, no mindblowing solos or particularly exciting interplay between the bandmembers. It's simply a solid contemporary jazz album with no crossover pretensions. That alone makes it an endearing, enjoyable listen.

Customer Reviews

バスクラリネットブルースの極めつけ

2004年12月1日の録音で、メンバーはBob MintZer のテナーサックスとバスクラリネット、 Phil Markowitz のピアノ、 Jay Anderson のベース、 John Riley のドラムスという編成です。 1曲目は ”Straight Ahead” です。コルトレーンの「インプレッションズ」に似た感じのモードの曲です。心なしかBob MintZer のテナーサックスがコルトレーンっぽく聞こえるところもあります。しかし本質的には彼はどちらかというとサウンド的にはソニーロリンズ派はではないかと思います。もし若かりしころのソニーロリンズがコルトレーンの影響を受ければ多分こんな感じの演奏になったのではないかと思われます。続くPhil Markowitz のピアノも軽快なタッチで心地よいものがあります。 2曲目は ”Listen Here” です。8ビートの軽快な曲です。ピアノからソロが始まります。Bob MintZer はテーマ部分ではサックスにピックアップをつけて音を拾い上げアンプで拡大しているようです。アドリブに入ると生の演奏になります。8ビートのアドリブのお手本のような演奏です。 3曲目は ”Time After Time” です。32小節のABAC形式の曲だと思われます。ここでも軽快なテンポで心地よい演奏が聴かれます。 4曲目は ”Aha” です。ジョン・コルトレーンの「至上の愛」を思わせるバックのリズムと雰囲気が特徴の曲です。かなりコルトレーンを意識した演奏になっていると思います。Bob MintZer のテナーサックスソロはあくまでも素直でストレートで無理を感じさせる部分が無いので安心して聞くことができます。続くPhil Markowitz のピアノソロも心なしかマッコイ・タイナーを思わせるところがあります。ピアノでのモード奏法の確立でマッコイ・タイナーの果たした役割も大きいとあらためて感じます。 5曲目は ”Simple Song” です。ゆったりとした曲ですがBob MintZer の豊かな歌心が遺憾なく発揮された優れた演奏になています。 6曲目は ”What’s the World” です。バス・クラリネットによる演奏です。エリック・ドルフィーと異なりバスクラの音色をそのまま生かした演奏スタイルが特徴です。それをメロディアスに歌い上げていくところが最高にすばらしいと思います。特に難しいテクニックを駆使するでもなく淡々と歌い上げていくところはデクスター・ゴードンを連想させます。使っている音符も8分音符がメインです。バックのJohn Riley のシンバルが小気味よくリズムを刻んでいます。 7曲目は ”Play Pretty” です。ゆったりとしたゆるやかな曲です。ここらあたりの歌心の豊かさはフランスのテナーサックス奏者のバルネ・ウィランを思わせるものがあります。Phil Markowitz のピアノによるボサノバ調の軽快なソロが続きます。Jay Anderson のベースと John Riley のドラムスがバックのリズムをしっかり支えているのよくわかります。 8曲目は ”Blues” です。バスクラリネットによるブルース演奏は極めて数が少なくこれは貴重な録音だと言えます。バスクラの音色を素直にいかしたブルース色の濃い聞き応えのある逸品です。個人的にはこのアルバムの9曲中で一番好きな演奏です。スローブルースのお手本のような優れた演奏になっています。実に味わい深い渋い雰囲気がたっぷりと味わえます。Phil Markowitz のピアノソロが続きます。エンディングも最後までエキサイティングでしっとりとして終わります。 9曲目は ”Forgiveness” です。テナーサックスによるゆったりとした演奏です。しかしニュージャズ時代のコルトレーンを思わせる亡羊とした広さとどことなくはかなさを漂わせている演奏です。朗々と歌いあげていく力量は大変なものがあります。素晴らしいテナーサックス奏者とそのメンバーだと思います。聞いているうちに心が洗われていく感じさえします。4人のメンバーの息もぴったり合っています。 このアルバムはBob MintZer が50歳の時の油ののりきった演奏と言えます。メンバー各自も腕利きのミュージシャンばかりです。素晴らしい仕上がりになっています。もちろん5つ星以外は考えられません。

In the Moment, Bob Mintzer Quartet
View In iTunes
  • ¥1,350
  • Genres: Jazz, Music
  • Released: Nov 28, 2006

Customer Ratings

We have not received enough ratings to display an average for this album.