8曲、39分

iTunesスタッフメモ

2002年に同じ高校のメンバーで結成された4人組ロックバンド、Base Ball Bear。「Cypress Girls」と2枚同時リリースされた “3.5thアルバム”「Detective Boys」は、これまでのバンドのイメージを良い意味で裏切る、バラエティ豊かなトラックが並ぶ。acco(チャットモンチー)と呂布(元ズットズレテルズ)がボーカルに参加したカラフルなポップ・チューン “クチビル・ディテクティヴ”、まるでガレージ・ロックのようなざらついた感触のナンバー “BOYFRIEN℃”、ベーシストの関根史織がメイン・ボーカルを務める “LOVESICK”、呂布のラップをフィーチャーした “歌ってるんだBaby<1+1=new1 ver.>” など、今までの彼らの作品ではあり得なかった楽曲に驚かされるファンも少なくないだろう。もともと、多彩な音楽性を誇るバンドであるが、今作でさらに Base Ball Bear らしさを拡大させている。何が飛び出すか分からない、そんな期待感をますます集めることに成功した、バンドのディスコグラフィでも重要な意味を持つ充実作である。

iTunesスタッフメモ

2002年に同じ高校のメンバーで結成された4人組ロックバンド、Base Ball Bear。「Cypress Girls」と2枚同時リリースされた “3.5thアルバム”「Detective Boys」は、これまでのバンドのイメージを良い意味で裏切る、バラエティ豊かなトラックが並ぶ。acco(チャットモンチー)と呂布(元ズットズレテルズ)がボーカルに参加したカラフルなポップ・チューン “クチビル・ディテクティヴ”、まるでガレージ・ロックのようなざらついた感触のナンバー “BOYFRIEN℃”、ベーシストの関根史織がメイン・ボーカルを務める “LOVESICK”、呂布のラップをフィーチャーした “歌ってるんだBaby<1+1=new1 ver.>” など、今までの彼らの作品ではあり得なかった楽曲に驚かされるファンも少なくないだろう。もともと、多彩な音楽性を誇るバンドであるが、今作でさらに Base Ball Bear らしさを拡大させている。何が飛び出すか分からない、そんな期待感をますます集めることに成功した、バンドのディスコグラフィでも重要な意味を持つ充実作である。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています