iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 The xx「xx」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

xx

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

iTunes レビュー

音数の少なさと、それゆえの強烈な音圧。闇の中を深く潜行するような淡々とした曲展開。近年のR&Bやヒップホップ、そして Burial を代表とするダブ・ステップの影響を強く感じさせる新たな音像を持ったバンドが現れた。サウス・ロンドン出身の男女4人組にて結成された the xx だ。セルフ・タイトル作である本作は、彼らのデビューアルバムだ。80年代のアンダーグラウンドなインディー音楽を思わせる単音ギター、内臓をぐっと押し上げるように曲を引っ張るベース・ライン、耳元で囁くように静かに歌う Romy Madley と Oliver Sim による男女混声ボーカル。それらのすべてを当時10代とは思えない、圧倒的に冷酷な空気感の中で鳴らしてしまったという、驚異すら覚えるオリジナリティは、まさしくタイムレスな名盤としての風格を本作に漂わせている。また、オリジナル楽曲以外にも、彼らが手がけた他アーティストのリミックスや、セルフ・リミックスにもぜひ注目してほしい。バンドのダブ・ステップ愛の詰まった音像を聴くことができるはずだ。

カスタマーレビュー

曲は最高だけど・・・・。

合計9曲に減ってるみたい。しかも150円のものが、9曲あったら1350円のはず。 
1500円でアルバム売りしてるのは何で?間違えてアルバム買いした人がかわいそうです。
曲数を元に戻すか、アルバムの値段を1350円にしてください。

ていうか、曲数元に戻してください。こんなにいいアルバムなのに、もったいない。

気持ちのよい四阿

雲の上でふわふわ浮いてる感じではなく、水の中で浮かぶでも沈むでもなく漂っているような浮遊感。
無我の境地にでもいるように音数が異常に少ない。
ここまで音をそぎ落とすなんて、普通怖くてできないと思うのだが、すごいなぁ。
聴く場所や気分によって、明るくも暗くも、暖かくも冷たくも、荘厳にも質素にも、凝縮されたようにも拡張されたようにも感じるのは俳句のようなシンプルさ故だろう。
単にメランコリックなバンドなら他にも沢山あるが、自己矛盾まで内包した世界観はちょっと得難い。
現状でもすごく良いし、今後も愉しみなバンド。
追記:Florence+The Machineの"You've Got The Love"のRemixを聴くと、完全にThe XXのサウンドに置換してしまっている。
シンプルだからこそ浸食性が高い。

私が思い出すのが・・・

良いです。
クールなヴォーカルとサウンド。
皆さん、思い出すミュージシャンを述べていますが、私は
Young Marble Giants
です。
こちらもiTunes Storeに有りますので、一度聞いてみては。

バイオグラフィ

結成: London, England

ジャンル: オルタナティブ

活動期間: '00s, '10s

Atmospheric English indie pop group the xx formed in London around the talents of Romy Madley Croft, Oliver Sim, Baria Qureshi, and Jamie Smith, when the bandmembers were still in high school. Captivating and cool, the group cites influences that run the gamut from R&B (Aaliyah and Rihanna) to classic alternative rock (the Cure and the Pixies). Built around the duel vocals of Croft and Sim, the group's signature brand of moody, soulful indie rock first appeared on the public radar in early 2009...
詳しいバイオグラフィー