9曲、27分

iTunesスタッフメモ

2015年にリリースされたデビューアルバム。陽だまりの中にいるような柔らかく温かいサイケデリックサウンド、トロピカルなリズムを演出してやまない軽快なギターワーク、そして若き生活感を明瞭に伝えるポップとしての精度の高さが融合し、全編に渡って never young beach のオリジナリティが確立されている。歌と音楽の力で視界がスクロールしてゆく "あまり行かない喫茶店で" や、甘く気だるいグルーヴで届けられる "夏がそうさせた" など、1970年代初頭の日本語ロックの探究心を彷彿とさせる一方で、21世紀のUSインディーポップと共振する自由も持ち合わせている。肩の力が抜けているようで、すぐれた情報処理感覚に裏付けられた作品。

iTunesスタッフメモ

2015年にリリースされたデビューアルバム。陽だまりの中にいるような柔らかく温かいサイケデリックサウンド、トロピカルなリズムを演出してやまない軽快なギターワーク、そして若き生活感を明瞭に伝えるポップとしての精度の高さが融合し、全編に渡って never young beach のオリジナリティが確立されている。歌と音楽の力で視界がスクロールしてゆく "あまり行かない喫茶店で" や、甘く気だるいグルーヴで届けられる "夏がそうさせた" など、1970年代初頭の日本語ロックの探究心を彷彿とさせる一方で、21世紀のUSインディーポップと共振する自由も持ち合わせている。肩の力が抜けているようで、すぐれた情報処理感覚に裏付けられた作品。

タイトル 時間
4:12
3:23
2:36
2:50
2:17
3:34
3:14
2:51
2:51

アルバム

リスナーはこちらも再生しています