9曲、42分

iTunesスタッフメモ

前作「Beggars Banquet」と並んで評価の高い本作。ブライアン・ジョーンズに代わるミック・テイラーの加入というメンバーの変遷があり、バンドが過渡期にあったことは確か。それを如実に示すのがセッションに招かれたゲスト陣の多彩さだろう。一曲目の"Gimme Shelter"における黒人女性歌手メリー・クレイトンの痛切なシャウト、そして"You Can't Always Get What You Want"で聴かれる聖歌隊の荘重なコーラスが印象深い。後半にはアル・クーパーやマデリーン・ベル、ドリス・トロイも名を連ね、エピローグにふさわしい盛り上がりを演出している。ほかにもライ・クーダーやレオン・ラッセルらそうそうたる面々が客演。時代の閉塞感にあらがうような心意気を感じさせる。

iTunesスタッフメモ

前作「Beggars Banquet」と並んで評価の高い本作。ブライアン・ジョーンズに代わるミック・テイラーの加入というメンバーの変遷があり、バンドが過渡期にあったことは確か。それを如実に示すのがセッションに招かれたゲスト陣の多彩さだろう。一曲目の"Gimme Shelter"における黒人女性歌手メリー・クレイトンの痛切なシャウト、そして"You Can't Always Get What You Want"で聴かれる聖歌隊の荘重なコーラスが印象深い。後半にはアル・クーパーやマデリーン・ベル、ドリス・トロイも名を連ね、エピローグにふさわしい盛り上がりを演出している。ほかにもライ・クーダーやレオン・ラッセルらそうそうたる面々が客演。時代の閉塞感にあらがうような心意気を感じさせる。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています