11曲、51分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.8/5

12件の評価

12件の評価

和ロック最高峰

Soukaku

eastern youthのアルバムに駄作無し。今作はその中でも傑作。
1,4,5,8,11などライブでもよく演奏する名曲揃いです。
哀愁漂う詩と激しい演奏に、心揺さぶられます。

生きるチカラ

curess

魂が此処に或る。ジブンが今生き続けていられるのは4.浮き雲に出逢えたからこそです。
情熱、苦しみ、切なさ、虚無感、何度と無く鳥肌が立ち、何度と無く声を枯らしたか解りません。
ありがとう、吉野さん。ありがとう、eastern youth
明日からまた苦りきって空を見上げて生きます
1.2.4.5.6.7.8.10.11とほぼ当りのアルバムですので是非触れてください!
liveではケツに流れてくる1は、まだまだ終わらんぞ!て気合いを注入される感じが最高です!

名盤

はなこちゃん

アルバムとしての出来が素晴らしく、全体のバランスがとても良いです。
最近の作品に漂っている抑うつ的な敗北感はなく、爽快な潔さが全体を貫いています。

当時、吉野さんは恋をしてたのかなぁ、とか勝手に思ったりしてました。
挑戦や工夫が感じられ、メロディもアレンジも良い意味で裏切られます。

大袈裟でなく、もっともっと商業的に成功していい作品だったと思います。
本人達の手応えと、商業的評価とのギャップが、この後のイースタンの音楽性に大きな影響を与えたような気がします。

本作以降、彼らの作品は、だんだんと攻撃性が薄まり、叙情的な世界へと入っていきます。

eastern youth その他の作品

出身地
Japan
結成
1989

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも購入しています