スクリーンショット

説明

Webで公開されている小説を読み上げるアプリです。
歩いている時や家事をしている時などに小説を "聞く" ことができます。
バックグラウンド再生に対応していますので、iPhone で他の作業をしながらでも小説を聞き続ける事ができます。

「ことせかい」という名前は、小説家になろうの小説を iPhone の読み上げさせてみたときに、
「異世界」を「ことせかい」と発音したことから来ています。
ということで、残念ながら現在アプリから使える読み上げ機能では異世界のような単語を間違えて読むことが案外多いです。
そのような場合を少しでも軽減させるために読み替えの機能もつけてありますが、あまり期待しないでください。(´・ω・`)

使い方:
「なろう検索」タブで小説家になろうのサイトから読みたい小説を検索して、右上のdownloadボタンでダウンロードを開始させます。
ダウンロード中のものも「本棚」に登録されますので、ダウンロードの終わったものを選択して、右上の「Speak」を選択することで読み上げを開始します。
なお、「Web取込」タブでは小説家になろうのサイト以外の様々なサイトの小説を取り込む事ができます。

読み上げ開始位置を指定したい場合は、一旦読み上げを停止させて、読み上げを開始させたい位置を長押しして選択状態にしてから「Speak」ボタンを押す事で指定できます。
読み上げ位置は小説ごとに保存されます。

Version 1.1.10 より、Web取込 機能が追加されました。表示されているWebページの文字を ことせかい に取り込む事ができます。Web取込タブに登録されていないWebページでも取り込む事はできますので、お好きなWebサイトをWeb取込タブ内でブックマークするなどしてご利用ください。なお、快適に取り込むためにはWebページ毎の情報をデータベースに登録する必要があるため、データベースに登録されていないWebページはきちんとは取り込めません。取込用のデータベースの編集は、OpenIDを持っていてxpathが書ける人であればどなたでも参加できますので、お手伝いして頂ける方がおられましたらお願い致します。(ただ、申し訳ありませんが報酬は全く出ません)

設定項目について

読み上げ速度などの変更方法:
「設定」タブの「声質の設定」から通常時の読み上げ設定(声質と速度)、会話文の時の設定(声質のみ)が、
「読みの修正」から「異世界」を「ことせかい」と読み上げさせないための設定ができます。
ただ、「読みの修正」に大量に修正項目を設定すると読み上げ開始時に結構かなりいっぱい待たされるようになります。すみません。

読み上げ音声の変更方法:
iOS 9 以降では、「設定」タブの「声質の設定」の中で、「話者」を選ぶことができます。
利用可能な音声データは初期状態では一つだけですので、音声データを増やしたい場合は
設定アプリ > 一般 > アクセシビリティ > スピーチ > 声 > 日本語
と手繰っていった所で音声データをダウンロードしてください。

表示文字の大きさ:
「設定」タブの「表示文字サイズの設定」から、小説本文の表示に使われる文字の大きさを指定できます。

読み上げ時の間の設定:
「設定」タブの「読上げ時の間の設定」から、句読点や三点リーダーなどといったものについて、読み上げ時に間を開ける設定が可能です。

小説の自動更新:
「設定」タブの「更新された小説の自動ダウンロード」の項目をタップすることで、小説の更新を自動で確認し、更新があればダウンロードを行うようになります。なお、この機能を有効にすると ことせかい が起動していない時でも更新を確認するようになりますので、ネットワーク通信が発生するようになります。

再生の自動停止:
「設定」タブの「最大連続再生時間」の項目で、再生を開始した後に自動的に停止するまでの時間を設定できます。標準では23時間59分になっていますので、概ね停止せずに読み上げがなされるように見えるはずです。

注意:
バックグラウンドで再生を行っている場合、画面が消えていたとしてもバッテリーの消費が増えますのでご注意ください。

* 自作小説の登録
設定タブの下の方の「新規自作小説の追加」を選択することで、自分で書いた文章を小説としてことせかいに登録することができます。
ここで作成した自作小説を再度編集したい場合、自作小説を表示している時に編集ボタン(小説家になろうの小説の場合は「詳細」ボタンがあった位置にあります)を押すことで再度編集できます。
なお、この自作小説の登録機能は、ちょっと汚い形で組み込んでしまっているので、今後のアップデートでもう少し違った形での実装に変更するかもしれません。その場合はもしかすると自作小説自体を新形式に移行出来ない可能性があります(できるだけ残そうと努力はするつもりですけれども)。もしそうなってしまった場合はご容赦お願いしつつ、自作小説は別途バックアップを取っておいていただきますようお願い致します。

* Web取込
Version 1.1.10辺りから、Webページの内容を ことせかい に取り込んで読み上げさせることができるようになりました。ただ、全てのWebページが綺麗に読み込めるわけでもありませんので、取り込まれた小説は自作小説と同じように中身が編集できるようになっています。そのため、無駄に取り込まれてしまった必要のない文章などを ことせかい上 で編集することができます。このWeb取込機能についてはサポートサイト側に解説ページを設けておきましたので詳しくはそちらをご参照ください。


小説のダウンロードが失敗してしまった場合:
Webサイトが高負荷になっていたり、Web認証の必要なWiFi接続を行っている時などに小説をダウンロードした場合、小説ではない文字列が読み込まれることがあります。その場合は、ホームボタン二度押しで出てくるマルチタスク画面にて ことせかい を終了させて、再度起動の後、本棚メニューの右上にある矢印が回転しているボタンを押して再読み込みをさせてください。しばらく待つと再読み込みが読み込みが終わり、その後であれば正しい小説が読み込めているはずです。(Web取込機能で取り込んだ小説の場合はこの方法ではうまく復活しないと思われます。現状では一旦小説を削除してもう一度取り込み直す事しかなさそうです)

起動時に落ちてしまう場合:
アップデート後、起動時に落ちてしまう場合には、誠に申し訳ありませんが一旦アプリを削除してから、もう一度インストールすることで起動するようになります。ただ、アンインストールしてしまうとダウンロードした小説や読み替え辞書などの情報が全て消えてしまいます。すみません。

Speak を押しても読み上げてもらえない場合:
イヤホンが刺さっている場合はイヤホンを抜き差ししてみてください。
また、音量ボタンで音量を上げてみると音が出ることもあります。

「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクト様の登録商標です。
本アプリは株式会社ヒナプロジェクト様が提供するものではありません。

新機能

バージョン 1.1.45

インタフェースの変更

- 文章を表示している画面のスライドバーの最大値を、ダウンロードされている章(ページ)の数に変更
- 最大連続再生時間を超えて再生が停止する時にそのようにアナウンスをするようになります
- バージョン更新時のダイアログを消した後でも最後に読んでいた小説を開くように
- 起動直後の一回だけ、最後に読んでいた小説が一番上に表示されるように本棚の表示位置が移動されるるように
- 本棚の左上に検索ボタンを配置

問題の修正

- 最大連続再生時間のカウントダウンが、読み上げ中にページ切り替えが発生した時にリセットされていた問題を修正
- 読み上げ中にイヤホンジャックからイヤホンを引き抜いた時に、再生位置がかなり前に戻ってしまう問題を修正
- ページめくりの時に鳴る音の扱いを、システムサウンドからアプリ側サウンドに変更
- アプリ側サウンドになった影響により、読み上げ中以外ではページめくり音が出ないように
- 本文上で長押しして出てくる「読み替え辞書へ登録」を押した後の読みの修正詳細にて、読み替え前の文字列を選択されていた文字で初期化するように


追伸

評価やレビュー、ありがとうございます。特にサポートサイト側のご意見ご要望フォームやアプリ内の不都合報告フォームからの詳細なバグ報告には本当に助けられています。アプリのレビュー欄でのお褒めの言葉もとても嬉しいです。これからも宜しくお願い致します。

今回はちょこちょこと修正していたものが色々溜まってしまってちょっと変更点が多めになりました。

ダウンロード中の小説の、まだダウンロードされていない部分を開くことができないようにするという修正になります(これは、ダウンロード中という事がわかりにくかった事による「表示できない部分があるのは不都合なので直せ」といったお問い合わせが減る事を期待しています)。

また、「設定」->「連続再生時間」がうまく効いていない場合があった問題も修正しまして、ついでに設定された連続再生時間を超えた時にはそのようにアナウンスを入れるようにしました。

他にも、使っていて気になっていた部分に少し手を入れています。

後は少し安定性を高めるための修正も施しているのですが、根本的な原因を突き止めてのものではありませんので特にリリースノートには書かないでおくことにします(βテスト用の方の情報には載っていますので興味のある方はそちらを読んでみても良いかもしれません)。

さて、ここ何回かのアップデート時に告知しております通り、現在 ことせかい ではβテスターの募集を行っています。βテスターの募集に関する詳しい事は、サポートサイト下部のリンクにあります「ことせかい βテスター募集要項」を参照してください。おかげさまで、βテスターの方々の数は順調に増えてきておりますが、最近はβテスターの方たちの数に比べて報告を上げて頂ける方の数が減っておりまして、十分とはとてもいえない状態になっておりますのでお手伝い頂ければ幸いです。
また、βテスターの方々には様々な不都合の発見や詳しい状況の報告など、とても助けられています。ありがとうございます。お手数をおかけしますが、これからもお手伝いいただければ幸いです。

また、これから開発者がガッツリと遊びたいゲームが出る事になっていたりするなど ことせかい 以外の事ももう少し多めにやりたいなぁと思いますので、しばらくの間は ことせかい の開発については不都合の修正を主とする感じでやんわりと続ける感じで行きたいと思っています。そんなわけなので、お問い合わせへの対応が遅くなったりする事や新機能の実装があまりされない事などが発生するかもしれません事をご了承ください。

それでは、これからも ことせかい をよろしくお願いいたします。

評価とレビュー

4.8/5
194件の評価
194件の評価
7777777✖7

解消ありがとうございます!!

できれば実現していただきたいな…という要望なのですが、
できればアプリのバックアップ機能、
権利の問題上できなければせめて読み替え辞書のバックアップ機能が欲しいです……
地道に登録していったものがパーになってしまいまして……
できれば追加お願いします……!!!

CupSoups

完全にアウト

なろうのAPIは小説本文のテキストをダウンロードしたり読み込みを行う機能を提供していないので、APIを使用せずにサイトのデータを引き出すことは完全にアウトです。
著者や運営の許可を得ずにダウンロードやデータの読み込することが、やって良いことか悪いことなのか考え、機能を削除するか、ストアから取り下げた方が良いです。

追記
問い合わせフォームよりメールをお送りしさせて頂きました。

デベロッパの回答

本アプリ(以下 ことせかい)においてご不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。

小説家になろう様 のサイトへのAPI以外へのアクセスはアウトとの事なのですが、小説家になろう様 の利用規約では明確にはAPI以外へのアクセスを不可とするような文言はなさそうに見えています。
また、利用規約においては ことせかい のようなアプリケーションからのアクセスは第14条の20に該当する事が行われる可能性があるかと思われますが、ことせかい では10秒つき最大10回までというアクセス制限を行っており、また なろう小説API を利用させて頂く事で不必要なアクセスを減らす努力もしておりますのでこの第14条の20にも該当しにくいと考えております。
当方としましては以上のように考えておりまして、問題はなさそうであると考えております。

なお、Web(HTTP)のような開かれたプロトコルにおけるネットワークアクセスにおいては、アクセスを行うにあたって様々なソフトウェアを利用する可能性があるというのはおわかり頂けるかと思います(例えばWebブラウザなどはSafariやGoogle Chrome、Firefoxなどといった複数のソフトウェア実装があり、他にもwgetやcURLといったHTTPを利用したアクセスを行うためのツールなども広く利用されています)。ことせかい もそのようなアプリケーションのうちの一つで、Web小説に特化しているものだと認識していただければ幸いです。

かぜのら

使ってみました。

自作小説の誤字脱字の発見に役立っています。

情報

販売元
Takuji Iimura
サイズ
23.5MB
カテゴリ
ブック
互換性
iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢
以下の理由により年齢制限指定9+となっています。
まれ/軽度な成人向けまたはわいせつなテーマ
まれ/軽度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
Copyright
© 2014-2018 IIMURA Takuji
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ