iPhoneスクリーンショット

説明

※24万人以上が利用した英語ディクテーション学習サイトがついにアプリ化。
※音声のループ再生機能、問題文スクリプト、単語訳、解説あり。
※「聞き取る」->「打ち込む」->「答え合わせ」で聞き取り力を向上。

-----------------------------------
※ディクトレについて
リスニング力向上に重点を置いたウェブサービス「英語リスニング無料学習館(http://english-listening-center.com)」
がついにアプリ化。ディクテーションを用いたリスニング学習が出来る事が最大の特徴です。
-----------------------------------
※ディクテーションとは
ディクテーションとは、「聞き取った音声を、そのまま書き取る」英語学習方法のことです。
「これ以上は、もう聴き取れない!書き取れない!」という所まで英語音声を何回もしっかりと聞き込みます。
このディクテーションという勉強法は、リスニング力の向上に特に効果があると言われています。
-----------------------------------
※ディクテーションの進め方
①英語音声を聞いて、書き取る
当アプリには、音声素材とタイピング用の空欄を用意しています。
ループ再生機能もあるので、しっかりと聞き込む事ができます。


②答えのスクリプト(原稿)をチェック
もうこれ以上聞き取れない!という所まで聞き込んだら、答えをチェックします。
聞き取れなかった部分を把握します。
英語特有の「音の脱落や連結」に注意し、今度は問題文を見ながら聞いてみましょう。
-----------------------------------
※ディクテーションの主なメリット
メリット
・書き取る必要がある為、集中して聴く事ができる。
・自分がどこを聞き取れていないか、はっきりと分かる。
・英語特有の音の変化をイメージできるようになる。
-----------------------------------
※掲載問題(サンプル)

◯問題文
A: I heard you are familiar with medical terms.
B: Yeah. In fact, I used to work as a doctor at ABC hospital.

◯日本語訳
A: 私はあなたは医療用語に詳しいと聞きました。
B: ええ。実は、私は医者としてABC病院でかつて働いていました。

◯重要単語・熟語
・be familiar with ~ 「~についてよく知っている」
・medical 「医療の、医学の」
・term 「用語」
・in fact 「実は、実の所」
・used to V 「かつでVしていたものだ」



◯解説
Aの文章で抑えておきたいのは「I heard that (文)」という形。thatは省略可能なので、今回の問題では省略されています。
hearという動詞は、後ろに「主語と動詞を含む文章」を続ける事ができるのが特徴です。
ちなみにthinkやsay等も同様に、「I think that(文)」「I said that(文)」という形でよく使われます。

「used to V原型」は、「かつてVしていたものだ」という意味。
「be used to Ving = Vする事に慣れている」や、
「get used to Ving = Vすることに慣れる」と混同してしまう事が多いです。
しっかりと覚えるのが大切です。
-----------------------------------

新機能

バージョン 2.2

内部処理の改善

評価とレビュー

4.2/5
19件の評価
19件の評価
balb head

想像以上に

良いですね、自分にいま必要なのはディクテーション能力なので、短文から始めるには最適

ravie

答えが明らかに違うのではと言うところがあります。

Q170とQ172の答えが明らかに間違い。別の問題と入れ替わっているのでは。

甲子園目指そう!

素晴らしい!

こういうアプリを求めていました!
無料なところがまたすごい。

情報

販売元
Taiki Saito
サイズ
19MB
カテゴリ
教育
互換性
iOS 8.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© ディクトレ
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ