スクリーンショット

説明

1. ARによる大手門再現
特定の石垣を認識して、大手門をARで表示します。
2. ARによる看板翻訳
特定のの石標及び看板の言語表示をARで切り替えます。

国指定史跡「岡城跡」は、海抜325mの台地、広さは実面積で100万平方メートル、その広さは東京ドーム(46.755平方メートル)の22個分にもあたります。大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、川岸からそそり立つその姿はかつて「難攻不落」と言われた天然の要塞であったことを感じさせられます。現存する城跡は、文禄3年(1594年)に播州三木から入部した中川氏により拡張されたものであり、明治4年の廃城により、明治7年に城館は壊され、「荒城の月」のイメージどおり、残された石垣が当時の姿をしのばせ、春の桜、秋の紅葉と四季折々の姿で訪れる人たちを楽しませています。

岡城ARアプリでは城跡内において特定の石垣をアプリ内カメラで認識し、ARで表示します。大手門は3DアニメーションによってARで再現され、門をくぐり抜けた内側がARスポットとなっています。城跡内の特定の石標及び看板にかざすことで、ARによる言語表示がされます。


[アプリのご利用について]
・岡城跡の照明環境条件によっては、変換画像が正しく表示されない場合があります。
・本アプリは株式会社コアラが提供する「竹田市観光アプリ」と連携しています。

新機能

バージョン 1.0.1

iPadにおける以下の画面を最適化しました。
・アプリのご利用について
・スプラッシュ画面
・AR画面のボタン調整
・アイコン調整

情報

販売元
Hinata Designs Inc.
サイズ
159.4MB
カテゴリ
旅行
互換性
iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Hinata Designs Inc.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ