iPadスクリーンショット

説明

ADOC(エードック:Aid for Decision-making in Occupation Choice)は、活動や参加レベルに焦点を当てたリハビリテーションの目標設定を支援するためのiPadアプリです。日常生活場面のイラストをクライエント(患者)と作業療法士のそれぞれが選びながら、お互いの希望や意見をすりあわせることができます。また、選択された作業の満足度を測定したり、支援計画書をPDFで作成することも可能です。

作業療法士の皆様だけでなく、介護支援専門員、理学療法士、言語聴覚士、看護師、その他リハビリに従事されている専門職の方に広くご活用頂けます。

※マニュアルPDFが以下のページにございます。アプリ立ち上げ後の手順が詳しく記載されておりますので、必ずダウンロードして内容をご確認下さい。
http://sites.google.com/site/adocforot/hyouka-tejun

※ADOCは実際に現場で活動されている作業療法士の方々と一緒に開発しております。ADOCの詳細につきましては以下のページをぜひご覧下さい。
http://sites.google.com/site/adocforot/

新機能

バージョン 1.8.4

- 英語版のみスライドとテキストを追加/修正しました。

評価とレビュー

いいですね!

uramura

イラストが大中小と大きさを選べるので見やすいです。ADOCを使って、イラストを見て頂きながらお話を聞いていくと、話の展開や引き出しやすさが違いますね☆あと評価の途中で保存ができる機能があるのは便利でした。

OTのツール

コマツ1977

作業療法士が患者さんの意味ある作業を探求する時に、ひとつのツールとして、重宝してます。わたしは、地域で暮らす精神障害のケアプランを立てる時に利用しています。
プランの合意がスムーズになり、対象者の生活モチベーションも高くなりました。

介入の質を高めるアイテム

metal ot

イラストを提示しながら面接をすることで、話がスムーズに進んでいきます。面接に慣れていない新人でも、ある程度の語りを引き出すことが可能でした。

作業療法士だけでなく、職種を問わず利用できそうです。クライエントと関わるにあたり、その人らしい人生の再獲得を目標としていきたい医療・福祉専門職の方は、ぜひ使用してみてください。今までにはない新鮮な感覚を味わうことができると思います。

新たなステージに向かいたい方におすすめです。

しかし、単にやりたい作業を聞きだすこと自体がリハビリの目的ではないと思うので、リハビリテーションや作業療法の概念を知る人が使用したほうが、導入した効果は絶大だと思います。

情報

販売元
Kounosuke Tomori
サイズ
24.1MB
カテゴリ
メディカル
互換性
iOS 6.0以降。iPad対応。
言語
日本語、英語、韓国語
年齢
以下の理由により年齢制限指定12+となっています。
軽度な医療または治療情報
Copyright
© NPO ADOC project.
価格
¥2,500

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ