スクリーンショット

説明

2013年11月29日(日本時間)に太陽に最接近。11月〜12月の明け方の空で肉眼でも見られるほどの明るさになると予想されている「アイソン彗星」を観察するのに役立つアプリ。太陽系モードで彗星の動きを、地上モードで彗星の見える位置を確認して観察してください。
iステラがインストールされていないiPhone、iPod touch 上では、iステラの広告が表示されます。(iPad をご利用の場合には、iステラHD の広告が表示されます。)

・主な機能

■太陽系モード
-太陽系を俯瞰した表示で、アイソン彗星の軌道上の移動を確認
-日時スライダを使って、アイソン彗星の移動の様子をわかりやすく表示
-日時は2012年12月1日〜2014年1月28日の間で自由に変更

■地上モード
-電子コンパスとジャイロセンサーまたは加速度センサーを使って、端末をかざした方向の星空を表示
-日時を2013年8月1日〜2014年3月31日の間で自由に変更

(注意)画面を指でスライドするとセンサーが無効になり、星図の中心を自由に移動できます。再度センサーを有効にするには、端末を上方向(空に向けて)にかざしてください。

・対応機種・OS
-iOS5.1以降が動作するiPhone/iPad/iPad touch(Retina対応)

新機能

バージョン 1.0.4

- iPadで利用する場合、横向きで起動するとクラッシュする問題を修正

カスタマーレビュー

3.6/5

16件の評価

16件の評価

条件判明(Re:不安定です)

大利新式神三御八

11/15追記:以下の不具合は修正されたようです。修正前のバージョンでしたが無事アイソン彗星の観察ができました。
11/9追記:縦長画面で起動し、一度地上モードを表示させておけば大丈夫なようです。横長画面で起動させると起動できません。
縦長画面で起動後、太陽系モードのまますぐ横長画面にして地上モードにすると表示されず、縦長に戻しても表示がおかしくなります。もし失敗した場合はアプリを一度完全終了させて再度やり直せばokです。
ようやく使えるようになりましたが、やはり横長画面で起動してもちゃんと起動して欲しいですね。

--以下11/8までのレビュー
iPad 3rd gen. では起動できない場合が多いですね。稀に起動できた限りではiOS7での不具合は修正されていましたが、起動できないことには使い物になりません。早急な対策をお願いします。ただしiPad miniでは起動します。機種依存なのかなあ。
と11/8に書いたのですが、iPad miniでも起動できなくなりました。iPad同様、いったんは起動しかけて黒画面になったところでホーム画面に戻ってしまいます。最新版でも同様です。

面白そう。

1000

使い方は、公式サイトをみるのがよいです。
地上モードでジャイロとかが有効にならなかったのですが、上方向にかざすことで有効になります。公式には書いてあるのだけど、使ってても分らなかった。
一つ困ってるのは、地上モードで、今どこにアイソンが居るのか分らないんですよね。
どうすりゃいいんだ?

素晴らしい!

ILOVEJANEZ

アイソンを探すために、インストールしてみました!意外と使いやすいです。僕みたいな素人にとって、とても助かりました。

情報

販売元
AstroArts Inc.
サイズ
41.6MB
互換性
iOS 5.1 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© AstroArts Inc.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ