スクリーンショット

説明

Apple Configurator 2 を使うと、学校や企業内で iPad、iPhone、iPod touch、Apple TV を簡単に展開できます。

配布するデバイスを Mac に USB で接続し、学生や従業員などのユーザに適した設定、App、データを指定することで、大量のデバイスをすばやく構成できます。

機能が一から見直された新しい Apple Configurator 2 は、1 台のデバイスから何十台ものデバイスまですばやく簡単に構成できる、デバイス中心の柔軟な設計になっています。構成を行うときは、一度に 1 台または複数台のデバイスを選択して操作を実行するだけです。実行できる操作には、ソフトウェアのアップデート、App や構成プロファイルのインストール、デバイス名の変更、デバイスの壁紙の変更、デバイス情報や書類の書き出しなど、さまざまなものがあります。また、特定のデバイスの詳細(シリアル番号やハードウェア・アドレスなど)、インストールされている App やプロファイル、コンソールログを確認することもできます。

Apple Configurator 2 は Device Enrollment Program と統合されているため、MDM 登録を自動で行うことができます。さらに、Volume Purchase Program とも統合されており、App Store の App をシームレスに配布できます。新しい準備アシスタント機能を使えば、授業で配る iPad を簡単に監視および構成したり、大量のデバイスを MDM サーバにすばやく登録して継続的に管理したりできます。内蔵の構成プロファイルエディタでは、最新の iOS 設定を含むプロファイルを作成および編集できます。

デバイス構成の一貫性が重視される環境では、ブループリント機能を使うことで、デバイスのカスタム構成を作成して 1 クリックで適用できます。ブループリントはデバイスのテンプレートであり、接続された物理デバイスと同様に構成プロファイルや App を追加して操作を実行できます。

内蔵のコマンドラインツール、AppleScript スクリプトライブラリ、Automator アクションを使えば、Apple Configurator 2 の機能を完全に自動化し、既存のデバイス管理ワークフローに組み込むことができます。 

iCloud Drive のサポートにより、複数の Configurator 拠点で構成プロファイルやその他の設定を同期することもできます。

新機能

バージョン 2.7

• iOSおよびtvOS 11.3で新規導入された“設定アシスタント”のパネルをスキップ
• 自動入力の前にFace ID認証を必須にする、管理対象ソフトウェア・アップデート、モバイル通信サービスの例外処理、教師が作成したクラスを辞退するときに教師の同意を必須とするなどのiOS 11.3用の新しいプロファイルペイロードおよび制限
• ホワイトリストされたiOSデバイスからのリモート接続の制限などのtvOS 11.3用の新しいプロファイルペイロードおよび制限

評価とレビュー

1.8/5

13件の評価

13件の評価

パスコードの制限

Senq55

Profileのパスコード制限の項目で、有効期限に数字を入れるとカーソルが動かず、履歴欄にも数字が入れられなくなる。
この程度のバグはすぐに潰すかリリース前に修正して欲しい

ipaを直接入れるには便利

hujuu

iTunes経由で直接、ipaを入れることができなくなって困っておりましたが、このアプリでipaを入れることができました。

自分のMacからiPhone、iPadに直接、ipaを入れるだけならこちらで充分でした。

少し情報少なすぎる

sbin-f

Windows版の iPhone Configurator が無くなって仕方なく移行した。
EAP-TLS で今まで通りにアクセスできるプロファイルを作るのに苦労した。

そもそもルート証明書はどう入れるの?
Radius で EAP認証しているので、それ用のプロファイルを作成。
証明書に署名したルート証明書が必要になる。

プロファイル作成に必要なのは、p12 形式のユーザ証明書があれば良い。
その他に必須なのが、der 形式のルート証明書が必要になる。

p12形式は、インストールする必要なく Configurator2 からアクセスできる領域にあれば良い。
ルート証明書も同じところに置く必要があるが、ダブルクリックしてキーチェーンに取り込む
必要がある。信頼できるルート証明として取り込まれる。
例えば caret.p12 をキーチェーンに取り込んで、情報の変更から常に信頼するに変更でき
MAC Pro からは使えそうに見えるが、OSは個人情報交換ファイルの位置付けに変わりはないので使えない。
そこで、der形式をキーチェーンに取り込む。

プロファイル作成時の証明書には、cacert.der と user.p12 の両方が必要なる。
der を入れる作業以外は Windows版と変わらないので快適に使える。
形式だけ合っていれば名前はなんでも良い。

信頼できる証明書の欄に証明書のタブを押して証明書を入れてくださいだけでは、
意味がわからないので星3つ。

PKIのプロならわかるかもしれないが、普通はわからない。

情報

販売元
iTunes K.K.
サイズ
65.5MB
カテゴリ
ユーティリティ
互換性
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2017 Apple Inc.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp