iPadスクリーンショット

説明

COLORCODE VJはiPadでVJをするためのアプリです。自宅やイベントでVJを楽しめます。ホビーユースから本格的なクリエイターまで幅広く使っていただけます。

映像を切り替えて出力するだけでなく、画像やテキストも表示できます。別売りアダプターを使えば外部出力可能です(※1) 購入後すぐに楽しめるように、気鋭の映像クリエイターによるサンブル素材も多数付属しています。


■COLORCODE VJでできること■■■
・映像ファイルを読み込んでミックスしながら出力。(同時表示できるのは2つのムービーまで)
・画像ファイル(PNG形式)も重ねて表示できます。
ステージ上でタッチ動作で動かすことも、あらかじめ動きを設定しておくこともできます。PNGの透過表示にも対応。
・テキストも重ねて表示可能。画像と同様に動きを設定可能。
・触った場所に表示されるパーティクル表示。
・BGMとしてiPad内の音楽ライブラリーの曲を再生可能(*2)。
・映像ファイルの音声も再生可能(アプリ設定でOn/Off可能)
・自宅のTVやパソコンのディスプレイ、プロジェクターなどの外部映像機器にアダプタ経由で出力可能(※1)
・iPadのカメラを映像ソースとして利用可能。
※スムーズなVJプレイのためにiPad Air以降で利用することを強くお勧めします。古いマシンではメモリ不足等マシンパワーが足りないため期待通りの動作ができない場合があります。
※(Ver1.4.0から仕様変更)外部出力中は、ステージ上には、画像、テキストは表示されず、画像、テキストをあらわず領域が表示されます。またパーティクルは表示されませんが、ステージをタッチした位置が外部出力に反映されます。

■こんな用途に■■■
・イベントやライブでVJ
・ホームパーティや結婚式の2次会などでVJ
・プレゼンテーション用ツールとして。
・簡易サイネージとして

■使い方のポイント■■■
・COLORCODE VJは、VJプレイのためのいろいろな設定を行うEDITモードとVJプレイを行うPLAYモードに分かれています。モードの切り替えは画面右下のスイッチをスライドさせて切り替えます。
・対応している動画フォーマットの形式は、H.264(拡張子 .mov, .m4v, .mp4)です。iTunesでエンコード(or変換)できます。推奨解像度は、iPad2(800x600)、iPad1(480*320)以下です。ビットレートは1.5Mbps程度です。ただし、スムーズに再生できるかどうかはVJプレイの仕方、映像や画像の組み合わせにも強く異存します。
・iPad内部の写真フォルダの画像や映像を利用するためには、位置情報サービスをオンにする必要があります。これはiOSの仕様です。
・メモリ不足になるとアプリがクラッシュする場合があります。COLORCODE VJの起動の前には、必ずバックグランドで起動しているアプリを終了してください。

■付属サンプル素材について■■■
COLORCODE VJ内での利用を前提にしています。それ以外での用途は各クリエイターにお問合せください。
- DEVILROBOTS(http://www.dvrb.jp/)
- tymote(http://tymote.jp/)
- VJ REEL(http://www.reelvision.jp, http://www.reelvision.jp/apprication/apprication.html)
- takafumi tsuchiya/TAKCOM (http://www.takafumitsuchiya.com)
- takuya hosogane (http://www.hsgn.tk/)
- mogmotion
- Keitaro Maruhashi(brix video syndicate, VJ Illegal function call, 2E2L artworks)(http://www.facebook.com/keitaro.maruhashi)
- SUN&MOON,inc.(http://sun-moon.ne.jp/)
-『河童五代目』 by CPP
--------------------------------------------------

(※1)利用できる利用できるアダプター
Apple純正のアダプターのみサポート。
VGAアダプタ(30ピン、Lightning)
Digital AVアダプタ(30ピン、Lightning)
AppleコンポジットAVケーブル
お使いのディスプレイに合わせてお選びください。

(※2)iTunesで購入したDRM付の曲は再生できません。iTunes PLUSの場合はDRMが付いていないため再生可能です。

新機能

バージョン 1.6.3

- プレビュー画面上でのジェスチャ操作による動画再生コントロール(順&逆再生)機能の追加。
- AppStoreへのリンクをiOS11でも開けるように修正。
- その他、細かい不具合修正。

評価とレビュー

jamcream

素晴らしいです!

フェードのエフェクトが欲しい!バンクがもっとあれば!などなど、欲を言えば色々ありますが笑、それも完成度の高いアプリだからこその期待です!
自分的には他の追随を許さない満足度!
ただ・・すぐにでも横画面で使えるようになって欲しい!泣

クラッシュ!!

Ver UP希望!

要望なのですが、バーテンしながらカラーコードVJでプロジェクターに映像出してるのですが、忙しいとなかなか映像の切り替えができないのです。
そこで、ボタン一つで自動モードに切り替えが出来ると嬉しいです。
5秒ごととか、ループ映像終わりで、映像をクロスフェーダーで自動で切り替えてくれると、映像のBGM?としても、大変ありがたいです!
例えば海中の熱帯魚とかの映像ネタを、切り替え再生リピートとか出来ると飲食店なんか大変ありがたいです。
そういう機能ありそうでないですからね。
あとは、うちのお店では6時間くらい連続でVJやったりするので映像ネタが足らなくなります。
BANKを10くらいとか、もっと増やせればありがたいです!
それと、タッピングでBPM計測して映像と音のタイミングを手軽に合わせることが出来れば、より現場で使えると思います!

+infection

イベントに映像出し用として使用したレビュー

演出映像送出用のipadアプリとしてはこれがベストなのではないでしょうか。
他社のDJ用アプリを出しているVJソフトではポン出しという概念が無い為か、いちいち映像を選ばなくてはならず、これなら先にストックしておいてポンポン出せるのが強みです。
アスペクト比が違う素材でも設定で全画面(ズーム)表示できるので、それも便利です。

また、出力解像度を選ぶことも可能なので、画質を下手に落とすことなく使えるものポイント高いです。他社のはおそらく画質を落としてマシンパワーを押さえている気がします。

欲を言えば、映像をABロールの再生してない方に入れておくと停止してストックされ、
フェードでストックした方に切り替えた時に再生開始されるようなオプションが欲しかったです。ABのどちらに映像を入れても強制で再生されるので、操作するにはそこだけ工夫が必要。

また、画面下部にアプリを起動しているタイムが出るのですが、スムーズにカウントされず気になりますが、再生自体には影響ないので問題ありません。

VJソフトに演出のプラスアルファ(フェードの仕方やモザイクなどのエフェクト)を必要とせず、
素材を持ち込むタイプの演出であれば、レスポンスに優れ、安定しているのでおすすめです。

情報

販売元
ART Teknika, Inc.
サイズ
136.4MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性
iOS 7.1以降。iPad対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2011 ART Teknika Inc.
価格
¥2,900

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ