Mac App Store

Mac App Store は Mac で使える App の検索とダウンロードが簡単にできる場所です。

Mac App Store から Compressor をダウンロードするには、OS X 10.6.6 以降を搭載した Mac が必要です。 さらに詳しく。

Compressor

デベロッパ:Apple

Essentials

App を購入、ダウンロードするには Mac App Store を開いてください。

説明

Final Cut Proと緊密に統合され、ビデオ変換がよりパワフルで柔軟になるCompressor。シンプルなインターフェイスで、すばやく出力設定をカスタマイズしたり、イメージを補正したり、iTunes Storeでの販売用にフィルムのパッケージを作成したりできます。ほかのMacコンピュータを使用する分散エンコーディングを簡単に設定して、さらに変換を高速化することもできます。

Final Cut Proのための高度なエンコーディング
• Final Cut Proのエンコーディング設定をCompressorでカスタマイズ
• Compressorで保存したカスタム設定を自動的にFinal Cut Proに反映
• バッチ処理を設定して、大量のファイルも効率良くエンコーディング
• ファイルの移動やコピーなどの追加タスクとエンコーディングを組み合わせたカスタム書き出し先を構築
• デスクトップでドラッグ&ドロップするだけでエンコーディングできる、自己完結型ドロップレットを作成
• CompressorがインストールされていないシステムでもHEVC出力設定などの設定をほかのエディタと共有
• Final Cut ProやMotionのプロジェクトをCompressorに送信し、ビデオをHEVCフォーマットでエンコーディング

iTunes Storeパッケージの作成
• Appleの承認を受けたiTunes配信パートナーに送信するためにiTunes Store対応パッケージに、ムービー、予告編、クローズドキャプション、字幕を読み込んで整理
• ビデオを任意のオーディオ、キャプション、または字幕と共にオーディションして同期を確認
• 組み込みのエラー検出機能によりiTunes Storeパッケージの問題を検出し、問題の発生源に直接移動
• HDRビデオをP3 D65 PQ、Rec. 2020 HLG、およびRec. 2020 PQ for HDR10で配信
• iTunes Storeパッケージ内でDolby VisionグレードビデオファイルのDolby Vision XMLへのリンクに対応

業界標準をサポート
• MPEG-4、H.264、MXF、ProResなど、さまざまな業界標準フォーマットへのエンコーディングに幅広く対応
• テーマ別のメニューから選択して、DVDやBlu-rayディスクへのエンコーディングおよび作成
• HTTPライブストリーミング用のファイルをワンステップで生成
• Targa、DPX、TIFF、PSD、PNG、OpenEXRイメージシーケンスを読み込み、あらゆる設定にエンコーディング
• 高度なエンコーディング機能を活用し、クローズドキャプションやメタデータなどを追加

最高品質のフォーマット変換
• NTSCからPAL、SDからHD、プログレッシブビデオからインターレースビデオなど、あらゆるファイルのフォーマットを変換
• Wide Colorビデオを読み込んで操作した後、標準のRec. 601およびRec. 709の色空間またはWide Rec. 2020の色空間で配信
• 色空間変換コントロールとHDRメタデータを使ってHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを配信
• HDRビデオをP3 D65 PQ、Rec. 2020 PQ、およびRec. 2020 HLGで配信
• ハードウェア・アクセラレーションを利用した書き出しが対応しているシステムで、優れた結果を出すためにCABACエントロピーマルチパスH.264エンコーディングを使用
• イメージフィルタ、タイムコードオーバーレイ、ウォーターマークを使ったコンテンツのクリーンアップとカスタマイズ
• ビデオ速度の増減やフレームレートの調整により、継続時間と実行時間を整合

分散エンコーディング
• エンコーディング作業を複数のワークステーションに分散させることで、作業時間を節約
• Compressorをインストールして、どのMacも分散エンコーディング用のノードとして活用
• 書き出し用に共有コンピュータグループを選択することで、Final Cut Proでのエンコーディングを高速化

システム条件:macOS 10.12.4以降、4GBのRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には8GBを推奨)、OpenCL対応GPUグラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降、256MBのVRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には1GBを推奨)、1.2GBの空きディスク領域。

一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。HEVCの書き出しには、macOS High Sierraが必要です。

バージョン 4.4 の新機能

360 VR配信
• さまざまなフォーマットとフレームサイズで360°ビデオをエンコーディング
• 360°ビデオをYouTube、Facebook、Vimeoで直接共有
• 業界標準の全方位メタデータを埋め込んだ360°ビデオファイルを書き出し
• モノスコピックおよびステレオスコピックフォーマットに対応

ハイダイナミックレンジ
• 色空間変換コントロールとHDRメタデータを使ってHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを配信
• HDRビデオをP3 D65 PQ、Rec. 2020 HLG、およびRec. 2020 PQ for HDR10で配信
• HDRビデオをSDR(標準ダイナミックレンジ)ビデオに簡単に変換
• iTunes Storeパッケージ内でDolby VisionグレードビデオファイルのDolby Vision XMLへのリンクに対応

HEVC
• ビデオの映像品質を同等に保ちながらH.264よりもファイルサイズを最大40パーセント小さくできるHEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265)フォーマットでエンコーディング*
• Compressorで作成したカスタムHEVC書き出し設定をFinal Cut Proで使用
• Final Cut ProやMotionのプロジェクトをCompressorに送信し、ビデオをHEVCフォーマットでエンコーディング
• デスクトップでドラッグ&ドロップするだけでエンコーディングできる自己完結型HEVCドロップレットを作成

MXF
• さまざまなコーデックとパラメータに対応するMXFファイルのエンコーディング
• さまざまなフレームレートと解像度が使えるAVC-Intra、D-10 / IMX、ProRes、XDCAM HDなどの新しいMXFプリセット
• MXFコンテナ内でProResおよび10ビット非圧縮ビデオをサポート
• MXFコンテナ内でHDRビデオをサポート

* HEVCはmacOS High Sierraのみ対応します

スクリーンショット

スクリーンショット 1
スクリーンショット 2
スクリーンショット 3
Compressor
Mac App Store で表示
  • ¥6,000
  • カテゴリ: ビデオ
  • 更新:
  • バージョン: 4.4
  • サイズ : 393 MB
  • 言語: 日本語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、英語
  • 販売元:

互換性: macOS 10.12.4 以降、64ビットプロセッサ

カスタマー評価

このアプリケーションは、概要を表示するには評価件数が不十分です。
すべてのバージョン: