iPhoneスクリーンショット

説明

***災害情報リンク集をまとめました。「i」ボタン->Donateのリンクを押すと、災害情報や寄付をまとめたホームページにジャンプします。***

iSeismometer (Seismometerとは地震計のことです)をスタートさせてから机の上にそっとおいてみましょう。周りをたたいてみるとiPhone/iPodの加速度センサーが微妙な揺れを感知してグラフが変化します。

[ランキング]

---------------
総合:
- #3 in Italy
-#28 in Japan

カテゴリ別ランキング:
-#1 in Japan
- #12 in US!
- #1 in Austoria,Finland and Greece
- #3 in Norway
- #5 in Belgium
- #8 in Denmark
- #9 in Norway
---------------

おもちゃとして、データ収集用として、いろいろ使えると思います。ご意見、ご感想、その他希望などはiphone@objectgraph.comまでお願いします。

[使い方&説明]
-iSeismometerは10秒間のデータを保存しています。スクリーンに見えているのは3秒分です。(将来拡張予定)
-一時停止すると、画面をドラッグして前のデータを参照することができます。
-GPS(位置)情報をホームページに転送できます。
-転送先のURLはカスタマイズ可能です。詳細は下記のウェブサイトにて(http://iphone.objectgraph.com/iseismometer/)
-転送先URLをメールに送信。そのあと自分のパソコンからCSV形式でダウンロードできます。
-「Spectrum」セクションでは何Hzでているかを表示します。
-アラームは、ボタンを押して設定した後(ALARM:
ON)、プログレスバー(タイマー)が5秒ほど伸びていくと思います。このプログレスバーが100%になった後、アラームの設定が完了です。設定完了後、振動を検知してアラーム音を再生し、画面に赤いメッセージが表示される仕組みです。

アラーム設定後5秒またずに、すぐに振動を検知すると、テーブルなどに置く暇が無かったので、タイマー式にしました。
-その他、アップデートにつき色々機能が追加されているので、スクリーンショットをご覧ください。

[ユーザーレビュー]

「見ているだけで楽しいアプリです。」

「どれほどの衝撃かなど一目でみれますね内蔵スピーカーから音楽を流してこのアプリをみるとイコライザーみたいになりますよwお試しあれ」

新機能

バージョン 1.3

寄付金バナー追加

評価とレビュー

3.9/5
60件の評価
60件の評価
zz 多ぁ望

これは優秀なFFTだ。

 「地震計」というと地震のときにどんな役に立つのか?という疑問を持つかもしれませんが、内蔵加速度センサーを利用した振動解析ツールと捕らえればとっても優秀なツールです。
 テーブルの上において、げんこつでたたくと、テーブルの共振周波数がわかる。そんなことに興味もつヤツいないか。
 要望としてはスペクトルのグラフが3軸ともにオートスケールになっているようで、3方向の振動レベルの比較ができない。せっかくなら最大振幅に合わせて3方向のスケールを一致してほしい。
 地震計を歌うなら、緊急地震速報と連動して速報をプッシュ送信させてそこから振動の記録がスタートし、揺れがおさまったあとにグラフをチェックできたら面白いと思う。

kii919

無料ならDLする価値あり

震度3以上はないとほとんど反応しないね。

おもちゃとかとしては、十分。

yukitana0312

うむ

本当の地震の時は地面に固定しないと感知しないみたいだけど、まぁオモチャとしてはいいんじゃないんですか?

情報

販売元
ObjectGraph LLC
サイズ
557.1KB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 3.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© ObjectGraph LLC
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ