iPhoneスクリーンショット

説明

DICOM-Shotは、iPhoneで撮影した画像をDICOMサーバへ送信するための、手軽に持ち歩ける簡易モダリティアプリです。

1) 患者情報を入力
2) 患部をiPhoneのカメラで撮影
3) DICOM送信アイコンをタップ
この3つのステップだけで、撮影した画像をDICOMサーバに送信することが出来ます。


DICOM-Shotを使用すれば、カメラで撮影した画像をDICOM画像に変換して送信するため、DICOMサーバで医用画像と一緒に一元管理出来るようになります。
送信先のDICOMサーバは、DICOM通信プロトコルをサポートしているサーバであれば、メーカー等を選びません。
(転送構文: Implicit VR Little Endian)

また、撮影した画像をiPhone内に保存しておくことも可能なため、在宅訪問先などで撮影した画像を、医院に戻ってからDICOMサーバに送信するといったことも可能になります。


■ 使用手順
1) アプリインストール後、まずはじめに設定画面より「接続先サーバ」と「送信元クライアント」の設定情報を入力します。
※ サーバの設定情報は、サーバ管理者に問い合わせください。
2) 検査一覧の右上の「+」ボタンをタップし、新規検査を登録します。
3) 該当の患者情報を入力します。
 - 右上の検索ボタンをタップすると、MWMサーバを使用することが出来ます。
 - 任意のワークリストをタップすれば自動的に入力されるため、手入力の手間を省くことが出来ます。
4) カメラボタンをタップし、カメラを起動させ、患部を撮影します。
5) 「DICOM Send」ボタンをタップし、DICOMサーバへ画像を送信します。
※ 画像送信に時間がかかる場合は、設定画面のオプションより画像サイズを変更することが出来ます。


■ ヒント
・患者情報を入力する手間を省くために、患者IDの横にあるボタンをタップすると、過去の履歴から同一の患者IDの患者情報を取得したり、バーコードから患者IDを読み取ることが出来ます。(設定画面でボタンの機能を変更することが出来ます)
・MWMサーバへの検索条件は、「当日の検査日付」且つ「設定モダリティ」で検索します。検査日付の範囲を変更したい場合には設定画面より変更してください。また患者IDを入力して検索することも可能です。
・撮影した画像をそのままの解像度で送信すると、かなり大きなサイズになりますので、設定画面より解像度を1Kや2Kへ変更して送信する設定があります。
・Zipアイコンをタップすれば、OsiriX HDなどのDICOM表示可能なアプリへ渡すこともできますし、クラウドストレージサービス(Dropbox, Evernoteなど)へ保存することも可能です。
・データを削除したい場合は、検査一覧上で、対象のリストをスワイプすると、「削除」ボタンが表示されますので、タップしてください。

■ 注意事項
・院内にWi-Fi環境が必要です。
・DICOM送信する場合は、DICOM通信プロトコルをサポートしたPACSサーバを別途用意する必要があります。
・使用するにあたっては、医院のセキュリティポリシーに従ってください。

■ お問い合わせ
ご質問・ご要望などは、以下のメールアドレスまでお問い合わせください。
【dicom-shot@lscc.co.jp】

新機能

バージョン 1.2.9

- iPhone Xをサポート
- ワークリストをソート出来る機能を追加
- iOS11で、撮影時にアプリが異常終了する現象を対応

情報

販売元
Life Sciences Computing Corporation
サイズ
1.3MB
カテゴリ
メディカル
互換性
iOS 9.3 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
言語
日本語、英語
年齢
このアプリケーションのダウンロードは、17才以上の方が対象です。
極度な医療または治療情報
Copyright
© Life Sciences Computing Corporation
価格
¥1,200

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ