スクリーンショット

説明

Exif Viewerは、写真撮影に情熱を注ぐ写真家のために開発された、美しくできめ細やかなアプリです。
このアプリにはExifViewer Photos Extensionも搭載されています。ユニバーサルアプリなので、度購入すれば、あらゆるデバイス(iPhone, iPad, iPod Touch)で横断的に使用できます。

アプリ内に含まれる機能とは?
▸ 写真GPSロケーション(通称ジオタグ)といったEXIFメタデータを除去することができます。
▸アプリ内で、iOSデバイス、Photo Stream、iCloudにある全ての写真のEXIFメタデータを表示することができます。
▸ ISO、シャッタースピード、焦点距離、カメラモデル、レンズモデル、タイムスタンプ、開口部といったEXIFタグを表示することが可能です。
▸ 80MBといった大型の画像サイズでも、明度や解像度を失わずに、写真にズームインすることができます。
▸ EXIFタグの並べ替えや、見られたくないEXIFタグのみを隠すことも自由自在です。
▸ お好みの日付フォーマット(1日前 / 2014年8月24日 / 24-08-2016)を選択して下さい。
▸ 任意で、EXIFメタデータのない写真を隠すこともできます。
▸ EXIFの詳細画面では、左右にスワイプすることで、前と次の写真を簡単に閲覧できます。
▸ iPadでは、ランドスケープモード、ポートレートモードに最適化されています。 
▸ iPhone 5SE,iPhone 8,iPhone X,iPad Mini,iPad air,iPad Proといった、最新iOSでバイスのラインナップに最適化されています。
▸ iPhone 8やiPhone 8 Plus(または3D Touch機能のあるそれ以降のデバイス)に対応しています。「お気に入り」、「フォトストリーム」、「アルバム」、「全ての写真」に素早くアクセスできる機能も搭載し、Exifカードや写真をグリッドビューで閲覧する時には、ピークやポップも使用できます。
▸ EXIFメタデータを付加した/取り除いた画像の共有も可能です。
▸ EXIFデータをクリップボードにコピーも簡単(他のアプリへEXIFデータをコピー&ペースト)
▸ ほとんどのSNSやメッセージアプリでは、写真からメタデータが除去されます。しかし、メールやAirDrop、SDカードリーダー、カメラからの取り込みキットでは、EXIFはそのままです。

Exif Viewer by Fluntroを使用してEXIFメタデータをiPhoneやiPadで取り除く方法
EXIFデータを削除するには2種類の方法があります。
1) オリジナル画像にEXIFデータを残さない新規画像を上書き(しかし、他のアプリで、これをオリジナルの状態へと戻すことは可能)
2) 写真をEXIF情報がない状態で複製(複製後にオリジナル画像を削除することも可能)

EXIF VIEWER APPは数種類のビューモードを搭載
1) EXIFカードリストビュー(スクリーンショットを参照のこと):スワイプでカードをフリップして、EXIF情報を簡単確認
2)グリッドビュー
3) マップビューで地図上に写真を表示(付近に位置する写真は、グループ毎にまとまる):写真をタップして個別のEXIF情報を確認(衛星またはスタンダードビュー)

EXIF VIEWERでEXIFタグを並び替えたり隠す方法
設定/Setting>管理/ManageからEXIFデータタグを管理することができます。並び替えをするには、アイテムをドラッグ&ドロップしましょう。EXIF情報スクリーンに表示したくないタグはオフにして下さい。

EXIF VIEWERエクステンションを使用したEXIFデータの確認方法
1) デバイスに初期から搭載されている写真アプリ(または外部アプリ)を開きます。お好みの写真を選び、共有/アクションボタンを押して下さい。次にExifViewerアプリエクステンションを選択します。
2) Exif Viewerエクステンションと全てのEXIF詳細情報が表示されます。
3) EXIFメタデータ有り/無しで写真を共有するか、EXIFの詳細をPhotos Extension内のクリップボードにコピーするか選択しましょう。

よくある質問
Q1) EXIFメタデータとは?
EXIFは「EXchangeable Image File Format」の省略形です。
現代社会で、私たちは、カメラや携帯電話を使い、頻繁に写真を撮影します。そうして写真を撮るたびに、ある程度のEXIFデータが各画像内に保存されるのです。ここには、カメラ設定に関して多く(ISO、開口部、焦点距離、画像サイズ、シャッタースピード、カメラモデル、レンズモデル、GPS)、時刻、位置などが記載されています。カメラ設定がどのようなものであったか、編集や作成のためにソフトウェアが使用されたのか、といった情報を確認できるので、プロ・アマを問わず、EXIFメタデータタグは重要です。

Q2) 無料とフルバージョンの違いは?
無料版には、広告が掲載されます。アルバムスクリーン、写真ストリームスクリーンで選択できるのは最初のアルバム2つのみで、リストスクリーン内最初の写真50枚のみのEXIFデータが閲覧でき、マップビューでの閲覧可能上限は100枚です

ご感想ありがとうございます。アップデートがお気に召したら、5つ星評価をお願いします

新機能

バージョン 5.6.4

最新のiPad Pro 3rd Generation(全画面iPad Pro)、iPhone XS MaxおよびiPhone XS用に最適化
アプリ拡張アイコンを更新しました。
EDIT EXIFに「ソフトウェア」の名前を編集するためのサポートを追加します。
「複数項目選択モード」で周囲の項目をドラッグして複数選択を追加
カラープロファイル名フィールドを追加し、P3、sRGBなどの値を表示します。
簡体字中国語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、日本語、ロシア語によるローカライズの問題を修正
焦点距離とGPS高度を編集する機能を追加
富士フィルムのフィルムモードタグのサポートを追加
一時ファイルが削除されない問題を解決します。遅刻して申し訳ありません

最近では、
新しい機能 - 一括編集EXIF、場所の編集、日付のシフト、EXIFの削除、写真の削除
イメージがロードされていないiMessageアプリケーションでの問題を修正しました。
編集場所機能で緯度と経度を手動で入力するためのテキストフィールドを追加します
EXIF編集画面で日付と時刻を削除する
EDIT EXIFのAperture、キーワード、見出しのサポートを追加
写真の拡張機能とビデオEXIFの詳細画面のクラッシュに関する問題を修正
.ARWの問題を修正 - Sony RAWファイルがフルスクリーンで読み込まれない
ラベルが複数の画面で切り取られる問題を修正しました。
マレー語、ヒンディー語、タイ語、韓国語、ポルトガル語のローカリゼーションを追加
安定性の強化

私たちのアプリを使ってくれてありがとう。

評価とレビュー

4.4/5
131件の評価
131件の評価
fujimoto-archi

すごく使いやすいです。

50枚しか見られ無いのは残念でした。

デベロッパの回答

Thank you..50 limitation is only for free version.
If you are student or can't afford full version, Kindly email us via "contact developer" from help tab, we would be happy to gift you full version.

どらねこたろう

惜しい!

最初の50枚だけってのは惜しいなー!

デベロッパの回答

ありがとうございました。
あなたは正しいです、無料版は50枚の写真しかサポートしていません。 あなたが学生であるかフルバージョンを買う余裕がない場合は、ヘルプ>開発者に連絡して、完全版をプレゼントすることができます。

Thank you.
You are right, Free version only supports 50 photos. If you are student or can't afford full version, you can contact us via help > Developer, we can gift you full version.

まんだた

つかえない

つかえない

情報

販売元
Mohith km
サイズ
54.3MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性
iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、スペイン語、タイ語、デンマーク語、ドイツ語、ヒンディー語、フランス語、ポルトガル語、マラヤーラム語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Mohith K M 2018
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ