スクリーンショット

説明

生まれ変わったFinal Cut Proは、革新的なビデオ編集環境とパワフルなメディア整理機能を提供し、驚きのパフォーマンスを実現。あなたのアイデアをすばやく形にします。

革新的なビデオ編集
• マグネティックタイムライン2で高機能のメタデータを使用し、従来のトラックよりも高速で簡単な編集作業を実現
• 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグ&ドロップしてタイムラインのレイアウトを変更
• クリップ接続を使ってBロール、サウンドエフェクト、音楽をタイムラインに追加
• クリップを複合クリップにまとめてすっきりと整理
• さまざまなショット、グラフィックス、エフェクトをタイムライン内の一か所で切り替えて表示できるオーディション機能
• マルチカムプロジェクトで、オーディオ波形に基づく自動同期と最大64のカメラアングルをサポート
• 360°エクイレクタングラービデオを読み込んで、さまざまなフォーマットとフレームサイズで編集

パワフルなメディア整理機能
• 作品をライブラリに整理して、メディア管理や共同作業を効率的に
• コンテンツ自動解析機能がカメラのメタデータをキャプチャ、バックグラウンドでショットを解析
• 独自のキーワードを作成し、クリップの範囲選択時にそれらのキーワードや「よく使う項目」をすばやく適用
• スマートコレクションでコンテンツを動的に整理して、必要なショットを数クリックですばやく発見

驚きのパフォーマンス
• お使いのMacのすべてのGPUを活用して、よりすぐれたリアルタイム再生パフォーマンスとバックグラウンドでの高速レンダリングを実現
• 64ビットアーキテクチャがシステム内のすべてのRAMを活用し、より大きなプロジェクトとさらに表現豊かなエフェクトに対応
• 作業の妨げにならないバックグラウンド処理
• ProRes、RED、XAVC、AVCHD、デジタル一眼レフカメラのH.264など、幅広い形式をネイティブで編集

カスタマイズできる迫力満点のエフェクト
• 簡単にカスタマイズできる美しい2Dおよび3Dアニメーションタイトル
• 直感的なコントロールでタイトル、トランジション、エフェクトを装飾
• 幅広い他社製FxPlugプラグインをカスタムインターフェイスで活用

一体化されたオーディオ編集機能
• 読み込み時にロール(ダイアログ、ミュージック、エフェクト、カスタムロール)を割り当てて、プロジェクトを簡単に管理および整理
• マルチチャンネル・オーディオ・ファイルをタイムライン内で直接展開および編集
• オーディオの問題(ハムノイズ、過度な背景ノイズなど)を自動的に修正
• オーディオ波形のインスタントマッチ機能を使って、デジタル一眼レフカメラのビデオと独立したオーディオをワンステップで同期

直感的なカラーグレーディング
• 標準の色空間またはWide Rec. 2020の色空間でビデオを読み込み、編集、配信
• バランスカラー機能を使ってクリップの外観をワンクリックで補正
• カラーボードを使ってカラー、彩度、露出をコントロール
• キーイングとマスクを使って特定の色または画面の特定領域を微調整
• キーイングとマスキングによる精密な調整を行える強力なカラーホイールとカラーカーブ

最適な出力をワンステップで
• プロジェクトをAppleデバイスでの再生用にすばやく書き出し、またはVimeo、YouTube、FacebookなどのWebサイトに簡単アップロード
• テーマ別のメニューを使ってDVDディスクやBlu-rayディスクを作成
• ロールメタデータを使ってオーディオステムや複数バージョンの最終ビデオを書き出し
• XMLの読み込み/書き出しにより、他社製アプリケーションでカラーグレーディングやサウンドミキシングなどの作業を実行

システム条件:macOS 10.12.4以降、4GBのRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には8GBを推奨)、OpenCL対応GPUグラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降、256MBのVRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には1GBを推奨)、4GBの空きディスク領域。 

一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。VRヘッドセットへのビデオ出力には、macOS High Sierra 10.13を搭載した外付けグラフィック付きMacコンピュータが必要です。Radeon Pro 580グラフィック付きの27インチiMacを推奨します。HEVCおよびHEIFのサポートにはmacOS High Sierraが必要です。

新機能

バージョン 10.4

360 VR編集
• 360°エクイレクタングラービデオを読み込んで、さまざまなフォーマットとフレームサイズで編集
• 接続したVRヘッドセットに360°ビデオを出力*
• 360°ビューアを開き、編集しながら、ヘッドセットと正距円筒図法表示を同時にモニタ
• Final Cut Proの360°ビューアでVRヘッドセットの動きを追跡するオプション
• ブラー、グローなどの360°エフェクトを追加
• 360°ビデオをYouTube、Facebook、Vimeoで直接共有
• 360°パッチを使って、シーンからカメラやリグを瞬時に削除
• 横オーバーレイを使って、360°ビデオの方向をビューアから直接、簡単に変更
• 360°ビデオを非360°プロジェクトに読み込んで、パン、チルト、ズームをアニメート
• グラフィック、静止画、ビデオを360°プロジェクトに読み込んで、360°シーンにぴったり合うように位置とサイズを調整
• モノスコピックおよびステレオスコピック360°ビデオに対応

高度なカラーグレーディング
• 1つの場所ですべてのカラーコントロールを操作できるインスペクタの専用カラータブ
• ヒュー、サチュレーション、ブライトネスを調整できる統合スライダで従来のホイールを改良した、強力な新しいカラーホイール
• カラーとコントラストを変更する複数のコントロールポイントを使って、極めて精密な調整を行えるカラーカーブ
• イメージの他の部分は変更せず、特定のヒューまたはブライトネスレベルを選択して調整を行えるヒュー/サチュレーションカーブ
• カラーカーブやヒュー/サチュレーションカーブでスポイトを使って、イメージの一部をサンプリングしてすばやく調整
• “バランスカラー”コマンドに手動ホワイトバランス用のスポイトが付属
• 人気のあるカラーグレーディングAppやサイトからカスタムLUTを適用
• 精密なキーフレームコントロールを使って経過時間でカラーを補正
• カラー調整用の新しいキーボードショートカットとロールベースのタイムラインナビゲーションによる、カラー補正操作の高速化
• ざっとプレビューして高速に検索できるカラープリセットをエフェクトブラウザ内に配置
ハイダイナミックレンジ
• HDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオをRec. 2020 HLGまたはRec. 2020 PQ for HDR10で読み込み、グレーディング、配信
• 他社製I/Oデバイスを使って他社製HDRモニタにビデオを出力
• HDRのブライトネスレベルを最大10,000 nitまで測定できる組み込みの波形モニタ
• HDRをSDR(標準ダイナミックレンジ)出力に簡単にトーンマッピングしたり、PQフォーマットとHLGフォーマット間を変換したりできるHDRツール
• HDRモニタのない環境でHDRをRAW値で表示するオプション
追加機能
• iMovie for iOSプロジェクトを直接Final Cut Proに送信し、高度な編集、オーディオ操作、仕上げ作業を実施
• Apple製デバイスからHEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265)ビデオクリップとHEIF(High Efficiency Image Format)写真を読み込み、再生、編集**
• Compressorに送信し、ビデオプロジェクトをHEVCフォーマットで書き出し
• 拡大/縮小が可能な新しいデザインのインターフェイスを備えたLogic Pro Xから、エフェクトプラグインを使ってオーディオを調整
• Canonからの追加ソフトウェアでCanon Cinema RAW Lightフォーマットに対応
• メタル2を使ってオプティカルフロー解析を高速化
• NFSベースのライブラリとメディアに対応
• 新しいカラー・グレーディング・コントロール、360 VRエフェクト、HDRをサポートするXML 1.7

* 互換性のあるVRヘッドセット、macOS High Sierra、およびSteamVRが必要です
** HEVCおよびHEIFのサポートにはmacOS High Sierraが必要です

カスタマーレビュー

3.3/5

33件の評価

33件の評価

adobe税に比べれば格安

yzo

外付けHDDに適切にプロジェクトを作成していけば、全く苦になりません。
3Dテロップの快適さ、すでにプリセットされている数々のエフェクト、別売のMotion5へ持ち込むことでのエフェクトのカスタマイズ。

毎月追加税を支払い、年に数回のアップデートに耐え、メニュー位置が変わる事が苦でなく、3Dが遅くても文句ないなら、Premireでもいいんではないでしょうか。

Final Cut Pro Xなら一度支払えば、追加料金は一切ない。たった34800円で。

画像拡大のモーションがベジュからリニアにできない方。Controlを押しながらクリックしてみてください。

開くとしょっちゅう設定がリセットされるバグを直してほしい

apprev01

編集機能事態は奥深くていいのですが、ファイル一覧ウィンドウが開くたびにしょっちゅうデフォルトにリセットされるのを修正してほしいです。他のレビュアーも多数の方が同じことを言ってるので認識はされてるはず。

バージョンアップ後、使ってみました2

とよちゃん2

画像拡大のためにキーフレームを入力、キーフレームのパスがベジェになっているので変更したいのに出来ません。パスをリニアにしたいだけなのに出来ません。これは辛い。ひどい。これがプロ用か!

情報

販売元
iTunes K.K.
サイズ
3GB
カテゴリ
ビデオ
互換性
言語
日本語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2011-2017
価格
¥34,800

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp