iPhoneスクリーンショット

説明

G-Bowlは免許取りたてからモータースポーツまでカバーする運転技術向上を目的としたトレーニング&解析ツールです。 走行中に発生するGをボールの動きと音とグラフで表します。同時にGPS位置情報、速度、ヨーレート、躍度等の情報は記録されデータロガーとして転解析にお使い頂けます。その他、診断機能、走行データの編集、共有など多くの機能があります。

(公式サイトからより詳しい製品情報、説明書、FAQがご覧いただけます https://ifulsoft.com/ )

■機能

・G計測(最大5Gまで)、GPS情報を含むデータロガー機能。
・速度、ヨーレート、躍度、G生データのグラフオーバーレイ表示。
・Gの軌跡表示、Gメーター表示、Gグラフ表示。
・Gの強さを音階で発音(画面を見なくても走行中のGが分かる)。
・指定のGを越えた際に警告音でお知らせ。
・指定の躍度を越えた際に通知音でお知らせ。
・オートポーズ(停車中は自動的に記録を中断します)
・ブレーキングG診断機能(停車後に診断結果を音声でお知らせ)。
・コーナーリングG採点機能(コーナー毎に点数を音声で読み上げ)
・走行データの記録、再生、分析、カット編集、2データ比較表示
・走行ルートの地図表示
・走行データの共有(メール送信、AirDrop、DropBox、GoogleDrive, etc)
・パソコン(Excel等)で読み込めるCSVフォーマット出力に対応。
・走行データグラフのイメージ画像保存(写真に保存)。
・横向き画面表示モード、印刷用表示モード、etc

■サポートについて

ちょっとした疑問でも構いませんので、G-Bowl公式サイトの「サポート窓口」からお気軽にお問い合わせください。ご購入前の相談も歓迎です。

■対応機種(対応OS)

iPhone4s以降、iPad2以降、iPod Touch5以降
(GPSを搭載しない機種では一部の機能が使えません)
iOS9以降

■使い方

◇準備
iPhoneを車の進行方向の向きに設置します(見やすいように立ても構いません)。。
設置で一番重要なのは振動の少ない場所を選ぶことです。
フロアまたはセンタコンソール等の安定した場所に設置することをお勧めします。
(ダッシュボード上やiPhoneスタンドは振動が多いのでお勧めしません)
設置後、車を水平な場所に停めて[Calibrate]ボタンを押して水平位置を記憶します。

◇走行&記録
準備ができたら[Start Drinving]ボタンを押して走行開始。
走行終了後に[Stop]ボタンを押してデータを保存します。

◇ログ再生・共有
画面右上の[Log List]ボタンを押すと、過去に保存した走行データのリストが表示されます。
再生したいログを選択します(長押しで共有等のオプションが選択できます)。
ログ表示を終える場合は[BACK]ボタンを押すとリストに戻ります。

【重要】キレイな舗装路を走ってもグラフがギザギザの場合、iPhoneが車内の振動を拾っています。キレイなグラフが録れるようにiPhoneを安定した場所に設置してください。

◇診断
信号などで停車した際、良いブレーキ操作であったか音で知らせます(減速中にブレーキペダルを踏み足しすると悪いブレーキと判断しています)。

◇採点
コーナーリング時に「ボールの軌跡が円を描くような運転」を課題として採点し、減速5点、旋回3点、加速2点の合計10点満点で採点します。コーナーリング全体を通して一定のGを保つトレーニングが行えます。

■設定

メイン画面の[Settings]ボタン、またはホーム画面の[設定]-[G-Bowl]から行います。50以上の設定項目があります。詳細は[Help]ボタン、または公式サイト( https://ifulsoft.com/products/g-bowl/g-bowl-settings/ )をご覧ください。

新機能

バージョン 6.0.0

・ユーザーインターフェイスを一新し、iPhone X に対応しました。
・可変レイアウトになりグラフやマップのサイズが調整可能になりました。
・走行記録画面においてGボウルとGメーターの同時表示が可能になりました。
・ログ再生画面においてGボウルとマップの同時表示が可能になりました。
・横向き画面表示を一新し、画面回転に完全に対応しました。
・走行記録時のバッテリー消費を抑える Power Saving モードを追加しました。
・データの数値表示エリアをタッチして拡大表示出来るようになりました。
・躍度(=Jerk)を微分した値(=Snap)を扱えるようになりました。
・躍度の微分(=Snap)の上限オーバー通知に対応しました。
・設定に「躍度の表示倍率」、「躍度の微分の表示倍率」を追加しました。
・上下(Z軸)方向のGおよび躍度の計測が可能になりました。
・上下G対応に伴いグラフモード⑦と⑧を新設しました。
・データ種類の増加に伴い古いiPhoneモデルでの画面表示速度を改善しました。

評価とレビュー

4.8/5

16件の評価

16件の評価

修行の日々

toooo68+

このアプリ非常に高価に思えますが、リアルG-Bowlだとお一人様で走りながら見る事も出来ませんし、そもそもリアル版と比べると非常に安い!
冗談はさておき、このアプリは一生遊べると思いますので、それを考えるとホント買わなきゃ損だと思います。
自分のドライビングを見直すツールとして最高の相棒です。

とてもいいです

イニシャルZ

iPhone 7 iOS 10.3.3 で使用してます

以前は設定が上手く出来なかったのですが
その問題は解決されてました

富士スピードウェイ、もてぎ
でデーターを取ってみました

自車の位置を航空写真と重ねて表示出来るのでとても参考になりました

iPhoneの安いカバーを車輛のフラットなところに強力両面テープで貼り付けて使用しています
この使い方だとグラフのラインが綺麗に表示されてとてもいいです

各サーキット毎の基本グラフとかがあれば参考にしたいです

デベロッパの回答

ご活用いただきましてありがとうございます。
設定が上手く出来ない場合は一度「設定」画面をタスクマネージャーから終了させると改善します。この現象はG-Bowlアプリではなく、iOS側の問題なのでiOSのアップデートによって改善されたものと思われます。

面白いが改良の余地あり

++うちくん++

今時有料アプリは珍しいけど、これは面白い。

ただ、iPhoneが信じられないほど熱くなるので要改良。
→設定を変更してみます。(まだ試していません)

ログを見る際に地図とボールの同時表示が欲しい。

ドライバー選択画面でOKのボタンが画面外になって押しにくい(ギリギリ押せないことはない)
→対応されていることを確認しました。

デベロッパーの対応が早いのでありがたいです。

デベロッパの回答

ご報告頂きましてありがとうございます。
「ドライバー選択画面でOKのボタンが画面外になる」問題はVer.4.3.1にて早速修正しましたので、お手数おかけしますが AppStoreから最新版にアップデートお願い致します。

「iPhoneが熱くなる」件に付きましては、もし充電しながらお使いでしたらどうしても発熱が増えますので計測中の同時充電をお控え頂くか、アプリ側で計測中のCPU負荷を減らす方法としましては、設定の[Gグラフ]-[グラフ表示更新頻度]を "1回/秒" にする(データ記録頻度には影響しません)、設定あるいは画面タッチ操作により「軌跡表示をオフ」する等が有効です。

「地図とボールの同時表示」に付きましては将来のバージョンの宿題とさせてください。
今後共G-Bowlアプリをよろしくお願い致します。

【2018年8月16日追記】
大変お待たせしましたが Ver.6.0.0 にて「地図とボールの同時表示」に対応しました。また、バッテリー消費と発熱を抑える「Power Savingモード」を設けました。ぜひ無料アップデートで最新版をお試し下さい。

情報

販売元
Takahiro Ike
サイズ
7.1MB
カテゴリ
ナビゲーション
互換性
iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2013 iFulSoft
価格
¥2,800

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ