スクリーンショット

説明

伝説の無料音楽プレーヤーがiPhoneにやってきた!! 多彩なエフェクトで、音楽をもっと楽しく!!

「ハヤえもんはふりかけである」
あなたにこのアプリを紹介できることを、とても嬉しく思っています。

このアプリは、音楽プレーヤーです。普通の音楽プレーヤーというのは、たった1つのことしかできません。それは、音楽を再生すること。たった1つのことが、音楽を再生することなのです。

ぼくには悲しい過去があります。かつて、ぼくにはたくさんのお気に入りの曲がありました。そう、「あった」のです。しかし、無くなってしまいました。

なぜかって? 飽きたからです。あなたにも同じ経験があるかもしれませんね。そう、みんなお気に入りの曲に飽きてしまうのです。

大好きな曲があると、大抵何回も繰り返しその曲を聴きます。そして、ぼくたちは飽きるのです。

シンプル。非常に単純なメカニズムです。みんな、お気に入りの曲に飽きていくのです。

だからぼくは、自分の手で音楽プレーヤーを生み出すことに決めました。もしこの音楽プレーヤーを使えば、永遠にお気に入りの曲に飽きることはありません。

さて、どうやったら良いでしょう? ヒントは、ぼくたちの日常生活の中にありました。

ぼくは毎日ごはんを食べます。でも、ぼくはごはんに飽きることはありません。

なぜかって? ふりかけによって、味を変えることができるからです。ふりかけをかけることによって、ぼくたちはごはんに飽きずに済むのです。

だから、音楽にとってのふりかけを作ることができたら、ぼくたちはお気に入りの曲に飽きずに済むのです。

音楽にとってのふりかけは、サウンドエフェクトです。もし、お気に入りの曲にエフェクトをかけられたら、飽きることはないでしょう。

これが、ぼくの音楽プレーヤーのコンセプトです。これが、ハヤえもんです。

ハヤえもんは、「音楽を、もっと楽しく!!」という目的のためだけに作られた世界でひとつだけのユニークな音楽プレーヤーです。

さあ、聞々ハヤえもんを使ってみましょう。あなたにとっての音楽が、今日から変わります。

新機能

バージョン 3.17

◆アップデート内容
うりゃー! エフェクト画面に「エコー(カスタマイズ)」機能を追加した対応を含む、3点の対応を行いました!

◆詳細
はいどーも! ハヤえもん開発者のりょーたです!

今回のアップデートでは、以下3点の対応を行いました!

(1)エフェクト画面に「エコー(カスタマイズ)」機能を追加

(2)Dropboxからの読み込み時に「インターネット接続エラー」というダイアログが表示され、再生できなくなるケースがあったのを修正
※なお、一度エラーが出た場合は、申し訳ありませんが「Dropboxから追加」のやり直しをお願いします! ごめんなさい!

(3)再生中画面から再生バーに切り替えると再生ボタンの表示がおかしくなってしまっていたのを修正

不具合に遭遇された方々、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした!

◆開発後記
ついに、伝説の幕が開いた……!

というわけで、何やらカッコいい感じで始まった今回の開発後記。

デザフェスですよ、デザフェス!

5月18日(土)にね、東京ビッグサイトで開催されたイベント!

ハヤえもんデザイナーであるうめちゃんがアーティストであるエアちゃんに声をかけた事がキッカケで、「ハヤえもん&airch」という事で出展したんですけどね!

ぼくも愛知から駆けつけました!

いやー、最高だった! ほんと最高!

どうしよう、マジ最高だったよ! 最高!

さっきから最高しか言ってないけど、ほんと最高だった!

うん、最高!

わざわざ来てくださった沢山の方々、本当にありがとうございました!

圧倒的大感謝!

「これは記録に残しとかなきゃ……!」

そんなわけで以下に細かく書きますので、興味の無い方は「ほぉー、デザフェス出たんだ!」ぐらいに思っていただければ! さようなら!

さてさて、前日の夜に愛知から車で6時間ぐらいかけて宿泊先(嫁さんの妹の家!)に移動しました。

そんなこんなでデザフェス当日がやってきました。

あ、いきなり前日から始めちゃいましたけど、もっと前の準備段階から書きます?

なんなら14年前にハヤえもんを開発し始めたところから書きます?

え、あ、まじで? いや、ごめん。

書ききれないよ……。

とてもじゃないけど、書ききれないよ……。

開発後記とかそういう次元じゃないよ……。

更新履歴って4000文字までしか書けないんだよ……。

少ないよ……。

だから今回は前日からね! オッケー?

さてさて、当日、設営の為に主催者のうめちゃんとエアちゃんが朝早くから起きて会場入りしてくれている中、ぼくは頭を抱えていました。

「ややややや、やや、やらかしたやべぇー!」

そう、着ていくはずだったハヤえもんTシャツを持ってくるのを忘れてしまったのです。

どうしよう、どうしよう。

ドクン……ドクン……!

心臓の音がハッキリと聞こえてきました。

一体……一体どうすれば……!

結論は1つしかありませんでした。

「うん、お客さんに売る予定だったTシャツを……買う!」

そんなこんなで朝からテンパりつつ、ぼくは9時40分ぐらいに会場に到着しました。

到着するとうめちゃんとエアちゃんが設営をほぼ終わらせてくれている中、「どーも! うぉー、めっちゃすごいじゃん! さて、Tシャツください!」という謎に満ちた自分の登場。ほんと面目ねぇ……。

そして、MサイズのウニTシャツを受け取りトイレに駆け込み、ぶじにTシャツを着る事ができました!

そうこうしている間に、いつも開発に協力してくれているゆっきーが登場。

インターネット上では散々絡んできたものの、ゆっきーと会うのはこれが初めて。

めちゃくちゃ感動しました。

それからの時間はもうね、あっという間でしたね。

開場してすぐに来てくれたあるさんを筆頭に、ハヤえもんユーザーの方々が続々と来てくれました。

「誰も来てくれなかったらどうしよう?」

そんな不安は瞬時に吹き飛びましたね。

息をつく暇もなく、会えた事を喜び合い、握手をしたり、一緒に写真を撮ったり、グッズを買ってもらったりなどなど。

アプリ開発者として、こんなにたくさんのユーザーさんと直接会う経験って、なかなか無い事だと思うんですよね……。

ホント、めちゃくちゃ感動しました……。

あとは、うめちゃんとエアちゃんのデザインしたグッズが素晴らしくて、まったく知らない人が足を止めて「かわいいー!」とか見てくれたり、グッズを買ってくれるってパターンもあるんですよね。

外国人の方が、エアちゃんのCDをジャケ買いするシーンなんかもありました。

これには、「デザイン……というか、アートってすげぇ……!」と素直にそう思いました。

あ、そうそう!

個人的に「ナイス!」と思ったポイントが、ゆっきーがアプリのデモ用に持ってきてくれたiPadを展示してたんですけど、なかなか通りがかりの人が触ってくれたりはしないんですよね。

そこで動き出したのがうめちゃん。

ダンボールをカットして、即席で「自由に操作してね!」という手書きPOPを作ってくれました。

これのおかげで、「お、何これー」とデモ機を触ってくれる方が現れ出したんですよね。

ナイスプレー!

あ、ナイスプレーと言えば、もう1つ!

デモ機を触ってもらうたびにそれをリセットするというのをゆっきーがやってくれてたんですが、後半になってくると慣れすぎて完全に職人の動きになってたのもナイスプレーで、面白いポイントでしたね。

そうこうしている内にいつの間にかお昼過ぎになっていたので、ゆっきーと一緒に昼食の買い出しに行く事にしました。

会場内の売り場がどこも全部めちゃくちゃ混んでいたので、ちょっと遠くのコンビニまで歩いていく事にしたんですね。

そして、デザフェス会場に戻ってみると、「りょーたさんがいない内に、ハヤえもんユーザーさんが5人も来たよ!」と。

「ややややや、やや、やらかしたやべぇー!」

はい、これ失態ポイントその2ね。

中にはVoiceOver環境でハヤえもんを使ってくださっている目の見えない方もいらっしゃって、ハヤえもんへの感謝の意を伝えていったと。

ほんと、会いたかった。せっかく来てくれたユーザーさんに会えなかったなんて、一体なんて事でしょう。

「なんとかもう一度来てくれないかなぁ?」

そんな下心満載で、ツイッターにやらかした旨をつぶやいておきました。

それからも「あ、このアプリ知ってるー!」という方が来てくれたり、初めてデモ機でハヤえもんに触れてくださった方が「え、なにこれ、すごい……!」という新鮮なリアクションをくださったり、「え、なんでポインターがウニなんですか?」というストレートな質問をくださる方がいたりなどなど。

そうこうしている内に、VoiceOver環境でハヤえもんを使ってくださっている方が再び会場に来てくれました。

これも感動しましたね。嬉しくって、15分ぐらいずっと話し込んでた気がします。

スマホアプリの開発者って大体インターネット上で色んな事を済ませがちじゃないですか。

パソコンでアプリを開発して、インターネット上でそれを公開する。

インターネットで必要最低限の事は全部できちゃうんですよね。

ただ、今回の事で確信しましたけど、オフラインイベントは絶対にやった方がいいですね!

何の興味も持ってくれていない方が、どんなふうにアプリを触って、どんなリアクションをするのかなんて普段見れないじゃないですか。

めちゃくちゃ感動したし、勉強になったし、モチベーションも上がりました!

中には小さい女の子がアプリを触って「いひひっ」と喜んでくれ、10分ぐらいずーっとハヤえもんで遊んでくれたりするシーンもありました。

そんなこんなでね。ホント最高でした。ありがとうございました。最高。

来てくれた方々、本当にありがとうございました!

ツイッターで、「あぁー、体調不良で行けなかった悔しいー!!」とか「え、今日だったの!? 行きたかったー!!」なんて言ってくださった方々。

安心してくださいね。かならずまたやります。約束します。

その時はぜひ遊びにきてくださいね。

今回来てくださった方も、また来てくださいね。

その時はアプリ的にもグッズ的にもグレードアップしたものをお見せしますので。

いやー、とにかく最高すぎて、何もかもが最高でした。

うめちゃん、エアちゃん、ゆっきーと4人で打ち上げをやったんですが、全員が燃え尽きすぎていて、寝てしまいそうだった事をお知らせしつつ、今回の開発後記を終わりたいと思います。いやー、最高!

◆100万人プロジェクト達成状況
「ハヤえもんを100万人に届けたい」を合言葉に、スマホ版の累計ダウンロード数で100万人を目指しています。

例によって、ユーザーの皆さんに現在の進捗状況をシェアしたいと思います。

現時点の累計ダウンロード数は……566,863人! 小室ハムさん! 夢の100万人まで、あと433,137人! 洋さんさー、秘密な!

引き続きがんばっていきましょー! それでは、Enjoy “Your” Music with Hayaemon!!

評価とレビュー

4.5/5
2,017件の評価

2,017件の評価

スッポンのような亀

面白そうだけど

始めたばかりなので使い方がいまいち分かりません!何か説明書のようなものありませんか?

デベロッパの回答

スッポンのような亀さん、はじめまして!
ハヤえもん開発者のりょーたです٩( ᐛ )و
アプリに興味を持ってくださり、ありがとうございます!
ハヤえもんでは、一番最初に「再生リストに曲を追加する」という事を行っていただく必要があります。
曲を追加する方法は、こちらの記事をご覧くださいね。

◆【解説】ハヤえもんiOS版に曲を入れる方法とは?
http://hayaemon.jp/blog/archives/5950

もし分からないようであれば、いつでもご連絡くださいませ。
ツイッター(@ryota_yama)からであれば、スクリーンショット付きで個別説明をさせていただきます!

★NOVA★

良アプリ

ちょうどこういうアプリ探してました。
その場で録音して調節することもできるので万能です

デベロッパの回答

嬉しいコメント、ありがとうございます♪ もし可能でしたら、足りない★の理由を教えていただけたら助かります。よりよいアプリを目指して開発を進めてまいりますので、ご協力いただけると嬉しいです٩( ᐛ )و

ツチノコさん

使いやすい

とても使いやすい。
少し細かいことを言うと、曲によってキー設定をいちいち切り替えるのが面倒なので、曲ごとにキー設定を記憶してくれる機能が欲しいと感じた。

デベロッパの回答

再生リストの曲名のところを長押ししてもらうと、「エフェクトの設定状態を保持」というメニューが出てきますので、ぜひぜひお試しくださいね!٩( ᐛ )و

情報

販売元
Ryota Yamauchi
サイズ
45.4MB
カテゴリ
ミュージック
互換性

iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、アラビア語、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、スペイン語、デンマーク語、ドイツ語、ノルウェー語 (ブークモール)、フィンランド語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Ryota Yamauchi
価格
無料
App内課金有り
  1. 広告削除 ¥2,000
  2. お布施ウニポインター【むらさき】 ¥120
  3. キャンピングカーポインター【ぴんく】 ¥360

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ